日日是々【よくばり社労士日記】

代々木の社労士福島紀夫です。労働、雇用問題をメインにアドバイスさせていただいています。
このブログは,自分の趣味の音楽や野球など,仕事以外のお話もあるので,『よくばり日記』としています。
人生一度きりなら欲張っていきていかないと(^-^)/

昨日は、朝から夜まで、医療労務セミナーの一日でした!

朝から夕方までは、社労士会連合会主催のフォローアップセミナー。
なんと、申込開始20分でいっぱいになったという、プレミアムチケット的なセミナー(笑)

何やら、全国に医療労務コンサルタントの研修を受けた社労士は5000人くらいいるらしいんですが、その中でも昨日の研修の募集人数は100人。

きっとすぐにうまるだろうなあと思いながら、申込開始とともにエントリー。

来週、東京会のフォローアップセミナーで話をすることもあり、情報収集で行ってきました!

研修を終えて、夜のセミナーまで時間があったので、知り合いと東京駅の地下でプレミアムフライデーを実施(笑)

けっこう、みなさん早くから飲んでるなあという印象。

ちょっとひっかけたことは内緒にして、夜は医業経営コンサルティングセミナーでした。

歯に衣着せぬ税理士の先生の話はとても面白かったです!

しかし、プレフルなるもの、いつまで続くのでしょうかね〜


先日、JOURNEYのライブに行った時に、改めて館内を見渡してみました。

東京オリンピックの時に建てられているので、50年以上の月日が経過しているわけです。
当然、通路も狭いし、古さも感じます。

しかし、ふと天井を見て、ここは古くないと感じました。
50年前のデザインとは思えないような作り。

ただ単に、柔道のための武道館として作ったとは思えないようでした。
設計者も、ビートルズがここでコンサートをやるなんて想像していたんでしょうかね。

ちょっとノスタルジックな天井を見上げて、そんなことを思ってみました。



先々週の月曜日になりますが、アメリカのロックバンド「JOURNEY」が4年ぶりの来日をしました♪

いち早くチケットを確保しましたが、行ってみれば2階席でも端の方・・・
残念がる気持ちを切り替えて堪能しました!

セットリストは今までのヒット曲の王道。
みんな楽しんでいました。

アンコールでは、第2期くらいのセットリストで、ちょっと曲が長い気もしましたが(笑)、ジャーニーらしさなんだろうなと思いました。

僕が行った次の日は、「ESCAPE」と「Frontiers」という、2枚の名曲ばかりのアルバムを再現するライブということで、こっちもよかったんだろうなあ〜

2枚のTシャツもゲットして、満足なライブでした♪




お友達社労士の、松山純子さんが、新著を出されました!

 IMG_0277
いろんな人に、もっと障害年金を知ってほしいという思いが込められています。

決して難しいのではなく、こういう制度ですよ〜、申請はこんな風にやるんですよ〜と、純子さんらしい書き方になっています。

「泣きながら書きました〜(笑)」というのは本人談。

いつもあっけらかんとした性格ですが、障害年金になると熱い女(笑)

きっと、障害年金を始める方や、請求を悩んでいた人の一助になります!

ぜひ、お手に取って確認してください。
 



にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 

昨日はバレンタインデーでしたね〜

悲喜こもごもな一日を送られたかたも多いのでしょうか?

そんな中、こんな僕にも義理チョコを恵んでくださる方がいらっしゃって、郵送にていただきました。
それを包んでいたぷちぷちがかわいいんです♪

IMG_0274

IMG_0273

わかりますか?
まるじゃなくて、ハートなんです♡

こんな素敵なのがあるんですね!

とても感動させていただいたバレンタインでした(^_^)


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 

今年の1月30日から、東京のタクシー料金が変わりました。

これだけみると、東京のタクシー料金全てが改定されたのかと思っていたのですが、じつはそうではなかった。
きっと、そう思っているのは僕だけではないはず。 

この前、お客さんを訪問する際に、バスを探していたんですが、うまく見つからず、そうだ!改定されたタクシーに乗ってみよう!と思い立ち、いざタクシー乗り場に。

意気揚々と、改定後初めてのことを運転手さんにつげると、ここはまだ改定の地域にはなっていないと。

そうです、調べてみたら東京23区と三鷹市、武蔵野市のみ。

運転手さん曰く、ちょっとした距離を乗るなら得かもしれないが、2キロ以上のるなら割高になるんだとか。

そんな話を聞いた後日、都内で410円の タクシーに乗りましたが、なーんとなく高い感じが(笑)

意外に心理作戦なのかな〜という気もしないではないですね。

なので、タクシーに乗るときは、距離とかを考えて乗らないといけないということに気がつかされました。

CB26593B-6165-41C0-8294-7A18171E9B58


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 

先週の金曜日、われわれ東京都社労士会の会長選挙が行われました。

2年前の日、これまでトップランナーとして東京会を支えて来られた先生の敗北のシーンから、今回の選挙が始まりました。

僕たちも、その先生がまたトップについていただき、組織を牽引してくださる日を、大きな期待とともに応援してきました。

また、これで東京会がリスタートする機会を得たことになります。



とはいえ、選挙の勝ち負けで今後の組織がギクシャクするのは、もういいと思います。

おたがい、選挙が終わればノーサイド

この気持ちをみんなが忘れずにいれば、もっといい組織に生まれ変わることでしょう。

先駆者の先生たちの権力争いのために組織はあるわけではありません。

公明正大な東京都社会保険労務士会になることを希望します!

大野先生、これからもよろしくお願いします。



2月11日は、神武天皇がはじめて日本の天皇として即位した日として、紀元節、いまでは建国記念の日としてお祝いの日になっています。

明治神宮さんでは、毎年奉祝紀元祭が 行われているというので行ってきました。



近くまでくると聞こえてくる太鼓の音。
すでに、何かが始まっているのがわかります。

本殿に入ると、たくさんの神輿や山車が集まってくるところで、片や高崎の上州太鼓の音が盛大に雰囲気を盛り上げています。


神宮さんのそとではパレードもあったみたいですが、盛大に紀元、建国を祝うということに、はじめて触れることができました。

昔は、自分の名前の「紀」というのがあまり好きではなかったのです。
紀元節の生まれだから紀夫。

なーんか短絡的〜と思ったことがあったのですが、こうやって紀元節の意味合いを知ることで、つけてくれた父母に感謝の気持ちでいっぱいです。

また新しい一年も良い年になるよう、歩み続けます。


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村
 

今、二つのシンクタンクさんのお手伝いをさせていただいています。

一つは、看護職の短時間正職員制度導入のサポート。
もう一つが、昨年から担当させていただいている、訪問看護ステーションさんの人材確保、人材定着のお手伝いです。

いくつかの事業所さんを担当させていただいていますが、いずれもこちらが勉強になることばかり。

で、その成果発表ではありませんが、来月に対象事業の担当者様向けにお話させていただく機会をいただきました。

http://www.mri.co.jp/news/seminar/ippan/022194.html

プログラム
18:00〜18:05開会の挨拶
18:05〜18:35基調講演

オフィスモロホシ代表 社会保険労務士 諸星裕美

18:35〜18:40休憩
18:40〜19:50事例紹介〜本事業の取組結果を踏まえたパネルディスカッション〜

(ファシリテーター)
オフィスモロホシ代表 社会保険労務士 諸星裕美

(パネリスト)
林ひな子社会保険労務士事務所代表 社会保険労務士 林ひな子
社会保険労務士法人相事務所代表 特定社会保険労務士 福島紀夫

19:50〜20:00質疑応答
20:10〜21:00個別相談会
※登壇した社会保険労務士に個別相談が可能です(事前申込、定員制)

お話するといっても、ディスカッションですので、エッセンスを伝える程度になるかもしれませんが、訪問看護をやっているみなさまに、何かのヒントをつかんでいただければと思います。


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 

先週の土曜日ですが、がん患者の就労支援セミナーを受講してきました。

講師は、東京女子医大の遠藤先生と、同業社労士の近藤先生。

IMG_0133


近藤さんは、今から7年くらい前にお会いして、その後ご自身もがんに罹患され、働くことの意義を感じ取られて、同じがん患者さんが仕事ができない状況をどうにかしようと推進している、草分け的存在。
今まで聞くチャンスを逸していたので、やっとの受講でした。

内容は、遠藤先生のエビデンスと、近藤さんの実体験がとても参考になり、がん患者さんがどう感じているのかなど、とても勉強になりました。

みんな、罹患したあとでも職場復帰したいと願っています。
ポジティブに。

それを応援していくことって、とても大切と感じました。

今後にプラスになりそうです!


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 

このページのトップヘ