日日是々【よくばり社労士日記】

代々木の社労士福島紀夫です。労働、雇用問題をメインにアドバイスさせていただいています。
このブログは,自分の趣味の音楽や野球など,仕事以外のお話もあるので,『よくばり日記』としています。
人生一度きりなら欲張っていきていかないと(^-^)/

2005年11月

お客さんのところの在老を受けてる方の年金額のことで、昨日から悩んでいました。

で、そのことが解決したのでこれを今日のネタにしようと思い、実は今書き込み始めたんですけど・・・いやー文章にするのは難しいことがわかりました

ということで断念です。

でも、解決の糸口をくれたのが、われらが「さとじい先生」でした!さすがは年金博士だなあ、と改めて感心。飲むとただの酔っ払いですが(本人がこれを見ていないことと思って・・)、年金のことはあっというまに解明してくれます。

年金額って、60歳、65歳、70歳時の改定と、退職時改定とがありますよね。その年金額の変更と在老の調整の関係なんて、とうの昔に忘れていた僕の記憶をよみがえらせてくれたときには、鳥肌もんでした(ちょっとおおげさ・・)

う〜ん、文章にできないのが残念ですけど、知識として勉強しなきゃだめですね。

と、満足しましたので、業務終了です

厚労省が、障害者雇用報告書を紛失したらいいです。

雇用率を満たしていない会社からペナルティとか取ってるわりには、ずさんな管理です。

国の機関も、入力作業なんかは外注に出す時代になってきていますが、そのあたりの管理はもっとマメにやってもらわないと、一般企業に示しがつきません。

ちょいと、たるんではいませんか?


あー、頭がボーっとして愚痴しか浮かんできませんでした

今日は、茅ヶ崎で開業されている「IT労働法務研究所」さんの、セキュリティ対策セミナーに行ってきました。

事務所的には対策は講じているものの、それが一人一人の問題としたならば、素人考えではうまくいかないと、常々思っていました。

内容は、ウィルス対策からスパイウェア対策、ファイアウォール強化といった、知らないところでこんなことがおきていたの?っていうお話も聞けました。

お土産までいただいて、早速自宅のPCで試してみたいと思います

でも、フリーソフトってなんとなく安易な気がして手を出しづらいというか、敬遠しがちなものというイメージがありましたが、そこは専門家であるIT社労士さんがいうことだから、間違いないものだ!という結論にたっしました。

しかし、機械っていうやつは、人間の想像をはるかに超えて、たとえ人間が作ったものだとしても、やっぱり恐ろしいものだと思いました。

今日の午後は、メンタルヘルスセミナーに行ってきました。
講師は、いろんなところで講演や執筆活動をされている結構有名な先生でした。

内容は・・やっぱり同じような感じですね。もっと、そうなってしまう前にはどうしたらいいとか、具体的な予防策が聞きたかったんですけど・・

収穫は、リラクゼーション体操かな!
8割の力を入れて手を握りこぶしを下に向けて前に出します。力を入れたまま腕を90度に曲げ、そのまま胸を開くように広げます。いいところまでいったら、すとんと力を抜く。

これで結構リラックスできるとか。

前に聞いたのは、鼻からゆっくり10数えながら息をすいこみ、軽く止めてゆっくりと口から吐き出します。これを何回か繰り返すことによって、酸素が毛細血管までいきわたり、身体が温かくなって来るんだそうです。

一度お試しください。

リラックスの方法はいろいろあるんでしょうが、ストレスをためない環境作りが一番ですね。

肩の力を抜いていきましょう

都庁職員の黒田さんが先日結婚されました。黒田さんとは、面識があって(こっちが勝手に思ってるだけ・・)、行政書士の仕事に、建設業関係の業務があるんですが、昨年僕がその業務をやっていて、担当部署が黒田さんのいるところでした。

ちょっと独特な雰囲気を持った方ででも仕事は速くて、いい人でした!

婚約の話題で持ちきりになったころ、他の職員は「ただでさえ忙しいのに、戦力ダウンだよ」と嘆いていました。今でも書類には「黒田」の印鑑が残ってます。


話は黒田さんではなくて、都庁の管理職試験を受ける人たちが減っているという話題。合格率10〜20%だそうです。(社労士よりは倍率低い?

どこの企業もそうでしょうけど、このご時世に管理職はあまりうれしくないような気もしますね。わずかな手当で、時間だけが延びちゃって・・

前の会社の後輩も先日昇格して、管理職(といえどプレイングマネージャー)になったものの、ただでさえ遅かった帰り時間が更に遅くなったみたいで、なんだかなあ、といった感じ。

よく先輩社労士の人たちは、「管理されるのが嫌な人が社労士やってるんだよ」と口にしています。僕たちは自由業であり、またある意味不自由業なんですね。

時間に縛られたくないという考えが管理職を遠ざけているのでしょうが、2007年問題が迫る中、管理職不在の都政になるのでしょうか?

みなさん、風邪ひいてませんか?明日は休日の方も多いでしょうから、ゆっくりと身体を休めましょう!

お客さんの社員さんで、お二人育児休業を取ってる人がいるんですけど、改正があったので延長したいと連絡がありました。

延長するには「保育園等に申込をしてるけど入れない」という理由が必要になってきます。

ですので、4月以降は入れるけど、それまでの期間は入れないから延長したいとか、もう少し休みたいから、というのはNGなんですね。

今年度中の申込をしたっていう既成事実が必要なんです。

それが、今回のお一方の場合、お子さんの誕生日が3月31日。30日に1歳に達するので、30、31日だけのための入所申請が必要になってくるんだそうです。

私 「たった二日のため?」
HW「正直いって二度手間なんですが、形上必要なんです・・」

と困り顔でした

会社の方も、「福島さん、もう少しわかりやすく説明してもらえませんか?」とこちらも困り顔

法律っていうのは、こんなところでわけわからん規制があって、いらない手間を取らせることになるんですね。

もし、こんなパターンがあったら要注意です

7866c3c9.png今日はぼくの友だちの、ギターショップオープンです!

品数はいいあたりを揃えてます!(僕にはわかりませんが…^^;)

でも、興味のある方は是非おこしください!

ヨロシクお願いします!

気さくな店長です(^^)

けっこう勘違いが多いのが、管理職は時間外も適用除外だから、深夜手当なんて払ってないよ!というケース。

今日も、話している途中で、「えっ!」と言われました。

時間外労働と深夜労働はベツモノなんですね。だから、もしかしたら損している管理職の人も多いかもしれません。(ちゃんと、割増を付けていればのことですが・・)

厳密に言うと、「労基法第41条は、深夜業の適用を排除していない・・」とあるのですが、これは監視・断続労働者の深夜業についての通達なんだそうです。

でも、41条は管理職も断続労働者も一緒の規程ですので、ここから割増が必要になると読み取れるんです。(だそうです

もし、勘違いされている会社さんがあったら是非指導して差し上げましょう

そういえば、昨日は「ボジョレー」の解禁日でしたもう飲まれましたか?
私も早速いただきましたが、それでも日本酒の好きな方はやっぱり日本酒を飲んでいらっしゃいました。まあ、なんでもいいから楽しく飲もう!ってとこですかね

追伸:明日は、僕の友達のギターショップ「エミリー」が茅ヶ崎にオープンします成功を祈ってあげてください!

栃木県のある駅で、喫煙場所以外でタバコを吸っていた人が、再三の注意にも関わらず喫煙をやめなかったことから、逮捕されたそうです

最近は、駅はともかく路上やいろんな場所でスモーカーの人たちは追いやられていますが、マナーを守らない人が多いからこういう問題になるんですよね!

私鉄はほとんどの駅で全面禁煙ですが、JRはまだ懲りずに喫煙場所を設置したままです。まあ、端っこにあるからいいですけど、朝の時間帯は禁煙です!と言ってるにもかかわらずぷかぷかやってます

スモーカーのみなさん、子供じゃあないんだから、マナーくらい守りましょうね!まじめに守っている人も迷惑しますよ


しかし、「鉄道営業法」っていうのが載ってたので見てみたら、「罰金10円?」

よく見たら、明治時代の法律でした(^^;


外はすっかり冬らしくなってきて、街はクリスマスムードに変わりつつありますね。今年はどこのクリスマスツリーがきれいでしょうか

さて、「新型インフルエンザ」、と世間では騒いでいますね。国もワクチンの確保や、治療薬の確保に本格的に動いています。

先日報道でもあった「タミフルの幻覚症状問題」。昨年、今年と事故が起きてしまったようです。

因果関係ははっきりしていないということですが、注意を促しています。

ただ、もともとインフルエンザの症状にも、幻覚や意識がもうろうとする症状もあり、「インフルエンザ脳症」に感染してしまうと、大変なことになってしまいます。

みなさんはどう考えますか?インフルエンザに罹ってしまっても「タミフル」を飲むのをためらうばかりに、二次感染を併発してしまうか。
それとも、いち早く治したい一心で服用するか。

難しい選択ですね。特に小さいお子さん(でも今回は中学生)がいらっしゃる方は、大きな問題となりそうです。

冬ですね・・やっと事務所も暖房を入れることになり、ホッと一安心です

就業規則を作っていたのですが、先日ヒアリングをした際に「定年は55歳にしてほしい!」とか言われて、時代と逆行するからだめです!と慌てて返したものの、「じゃあ55歳で契約を一度見直しをする方向で、もう一回考えてください」とのことで、また監督署に相談に行きました。

まあ、中身は解決したのですが、新○監督署のおじさん、「う〜ん、ちゃんと定年まで確保するんだよね〜、だいじょぶだったかなぁ」と唸りはじめた
助け舟も入って、そこはなんとか切り抜けたのですが、最後の一言がよかった。

「俺も来年3月までだからなあ・・なにか資料が見つかったら、ファックスでも送ってやろうか?」とさびしげな答えが返ってきました。

そんな人には酷な質問だったのでしょうか・・

今度は、新たに雛形を作って渋○監督署に。おお!この前の腕をポンと叩かれたおじさんにまた話を聞いてもらいました

雛形をみて、「これなら規則としては大丈夫だよ。中身は解雇だけどね。だから契約じゃなくて、労働条件の見直しに直して!」

って、あちゃーさすがベテラン!

でも、今回もいい指導をもらって、なんとか糸口が見えてよかったです。

渋○監督署の方面のおじさん、いい人です

なんか、一気に寒くなりましたね。もう本格的に冬に近づいているみたいあいかわらず寒い事務所からお伝えします。


来年の10月から、少し裕福なお年寄りの医療費の窓口負担が3割になるそうです。
いくら裕福とはいえ、あっちこっち痛んでくるおじいちゃんおばあちゃんたちには、なんとも耐え難い痛みになってきそうです。

一律2割負担というのはなくなったようですが、それにしても、弱者から巻き上げる手段しかないんでしょうか!

国の無駄遣いをもっときっちり整理しないと、まだまだみんなにしわ寄せが来そうです。

特別会計の廃止?そんなこと、もっと早くやってほしかったですよね。

そうすれば、何年か前の社労士試験にあった「厚生保険」なんていう特別会計はなくなっていたかもしれない・・・

あー、あの問題で引っかかったのを思い出してしまった・・

今朝の報道で、東武鉄道の30歳代の運転士が、自分の子供を運転室に入れて乗務したということで、クビになったそうです。たった4分間ですが

その対応について、「厳しすぎる!」といった苦情がたくさん寄せられているようです。

その場にいたお子さんは、自分がそこに入ったことによってお父さんがクビになってしまったことをどう考えるでしょうか。社会は冷たいものだと思うでしょうか。(まだ4歳ですけど・・)

でも、多くの人の命を預かるからこそ、そこには厳しい規約があるんだと思います。
例外を作ってしまうことで、多くの人命が失われることになったら、それこそ過失責任では済まされないでしょう。

以前テレビドラマで、難病に罹ってしまった少年が「江ノ電」の運転士になることが夢だった、というのをやっていました。それを知った江ノ島電鉄の社員の方が、何とかしてその子を乗せてあげられないか、一生懸命考えたそうです。

うまくいくかと思われたプランも、運行規約のようなものがあって実現できないかと思われたとき、一人の社員が究極の案を見つけたのです!(ドラマでは草なぎ君がやってました

その計画は、車庫に入る引き込み線での運転だったそうです。

たった数分間でしたけど、彼はその思い出を持って帰らぬ人になった、というお話でした

なんか、横道にそれましたが、お父さんの仕事している姿を見せたくても、職種によっては難しく、今回の場合は非難を受けても仕方ないのかな、でももうちょっと軽くてもよかったのかな、と思った出来事でした。

この前の研修会のあとの懇親会のときに、「最近社保って社労士に冷たいですよね」という話で盛り上がりました。

実際そう感じていたんです。

それとは逆に、今日の監督署のおじさん・・いやいや監督官の物腰のやわらかさにはびっくりしました

この前の退職金のことでお話を聞きに行ったんですけど、「でもさ、俺たちみたいに50代にもなってくると、退職金って大事なんだよ!あんたもそう思うときがくるんだよ!」と腕をポン!と叩きながら話してくれるんです

いやはや相談事はなんとかわかってくれたので、解決しましたが、おもいしろいおじさんもいたもんだと、監督署を後にしました。

それから、社保に。あまり期待もせずに行ったら、それこそびっくり窓口のお姉さんたち、どうしちゃったの?って言うくらい、明るかったです。

背中になにか走るものを感じながら階段を下りていくと「社会保険庁は変わります!」のポスターが。

うんうん、意識改革はいいことですこんな形で世の中明るくなるといいですね

うちの事務所は、行政書士の業務もやっています。主に建設業が多いんですけど。

昨年来から、各自治体への公共工事入札のための資格審査が電子申請になってきました。ある意味、社労士業界より進んでいるかも

今年の初めまでは、僕もこの業務に携わっていましたので、少なからず電子申請にかかわっていましたが、ここ最近は社労士業に専念させていただいて(かっこよく聞こえますね^^)、ちょっと離れていました。

今日、横浜のお客さんのところで、久々に取り組もうと思ったら、そのシステムが動きません(>_<)あれ〜?そんなことないでしょう?

と思って確認したら、半年あまりのうちにバージョンアップしていたそうです。ありゃりゃ・・

電子申請は社会保険労務士の世界でも当然のように始まっています。
でも、普及率はいまいちです。電子申請の取組みは、各団体、各自治体によって様々かもしれませんが、地方から普及するパターンが多いように思います。それだけ、利便性や効率的な判断をしているのでしょう。

われわれの業界でも、もっと普及させないことには、他の士業に負けてしまいます!現状を考えた上で少しでも流れにのって、新しい取組みを強化したいものです

(最近、変なトラックバックがあるので、再アップしました。)

今日は11月8日で「いい肌の日」だそうです。天気はよかったですが、風がびゅんびゅん吹いていて、女性のみなさん、乾燥お肌にご用心!といったところです(^^)

さて、退職金制度をやめるにはどうしたらいい?という問い合わせがあって、いろいろ調べていましたが、なかなか簡単にはやめられませんよね。会社さんが痛みを承知でやるというなら別ですが、なんとも難しい問題です

事例を読んでいると、退職金制度を廃止して、企業年金もやめて、その上基金も脱退した会社さんの例があって、会社側としてみればとんでもない額の負担です!それでも踏み切る理由があるからすごいです!

退職金を「前払い」という形で払うことによって、社員のインセンティブが上がり、その上やる気を引き起こしてもっと活躍させる。それがうまい図式にのっとって進んでいく姿はすばらしいですね。生産性もアップです

うちの事務所でも以前基金の脱退の手続きをしました。(ちょっとオフレコですが・・)小さな会社さんでも特別掛金の負担は大きくなります。体力がないと耐えられません(>_<)

でも、基金の問題は今後深刻ですね。大きいところも小さいところも、僕たちが貰う頃には・・・どうなっているんでしょうか

11月だというのに、この暖かさ。そろそろ冬物のスーツを、なーんて思っていたら、暑くて暑くて。それに、朝から電車が大混雑でしたから余計に。

まーるいみどりのやっまのってせん♪のトラブルから、まーんなかとおるはちゅうおうせん♪の人身事故まで、動くのにも疲れました


人の名前って、なかなか読めないものや、当て字が使われていたりして、判別つきにくいものとかありますよね。

よくあたるのが「高」と「癲廖◆嶌蝓廚函庠」とか、「渡邊」と「渡邉」の違いなど・・

本人も通常の漢字を使っていたりするから、どれが本当かわからなくなってしまうことが多々あり。

年金手帳に「癲廚能颪い討△譴弌∨椰佑「高」といっても、手帳通りに手続きはできますが、その逆だとしたら変更届が必要になるときもでてきたり。

昔の人はどうやって苗字をつけたんでしょうか。

自分も、もっとかっこいい苗字に変えてみたいな

今日は、午後から雨になってしまいました。明日の天気はどうでしょう?

今日は、お休みの日なので、私的なことを書きます。

僕は、前からバンドをやっています、というお話を以前書きました。

実は、大学時代からの友たちで、今も一緒にやっているうちのバンドのギターが、今月の19日に茅ヶ崎でギターショップをオープンすることになりましたその名も「サウンド ディストリビューター エミリー」です

彼は、とにかくギターが好きで、会社勤めをしているときでも、朝5時に起きてギターの練習をしてたほど、ギターが好きなやつなんです。

そんな彼が、地元茅ヶ崎で、眠っているギタリストを発掘するというのです。

僕たちは、縁あって今でもバンドをやっていますが、いろんな事情が重なってやむなくバンドやギターを諦めてしまっている人が多いと聞きます。

そんな、もう一度花を咲かせたい!と思っている人たちに、もっと音楽を楽しんでもらいたいというのが、主旨です。

初心者向けにギター教室もやるといっていました。

もし、茅ヶ崎、湘南方面の方やお近くにお知り合いがいらっしゃる方は、是非一度遊びに行ってやってください!

とても気さくな店長が、みなさんを迎えてくれること間違い無しです

そんな、創業者を支援したいと思った休日でした。。。

今日は相馬塾でした。いい天気に恵まれたにもかかわらず、多くの方にご参加いただきましてありがとうございました。m(_ _)m

また、今日は自分の初講義を最後まで聞いていただいたことに感謝します!

内容については、ご批判を素直にいただきます(>_<)

いざやってみると、先輩がたの声の出しかたやトーンの違いなど、今更ながら感心しました。

もう一度チャンスをいただけるなら、もう少しわかりやすくやりたいと考えてます!

今日はおつきあいいただいてありがとうございました!
n,fuku♪

冬に近づいてくると、夜空を見上げたくなりませんか?少しずつ空気が澄んできて、ちょっと寒いけど、星が見えるといい気分で帰れます!

この前から、みょーに光る星があるので、また何か近づいてくるのかと思っていたら、2年ぶりの火星接近だそうです!

この前は「大接近」でしたから、今回はそれほどでもないとか。でもきれいに見えます。輝いています

天気が崩れないうちに見といてください。

あー、それにしても、だんだん明日も近づいてきますねぇ・・

今日の僕の運勢は、「頭の回転がはやくて、スムーズにことが進む」ということになっていました。これが明日だったらよかったのに、と占いのコメントを恨めしがっています(>_<)

ま、気が小さいわりには、何とかなるだろう!という楽天的な性格ですので、もし、明日研修会に来られる方も、おーーーきな気持ちと、ながーーーい目で見てやってください。ヨロシクおねがいしますm(_ _)m

たまには、まじめに仕事の話でも書いてみようかと思いますが、うまく表現できるかどうかが不安なところです・・


ある会社さんで、たまたま勤務が夕方16時から翌朝の10時まで及んでしまい、その割増の計算はどうしたらいいかというご質問でした。(ちょっと働きすぎ・・

計算は、16時から8時間過ぎたところから1.25の割増をつけて、それにあわせて22時以降5時まではさらに0.25をつけて、5時以降はまた1.25に戻してください、と伝えました。

ところが、翌日の勤務が形として休日になってしまうという話になり、頭を悩ませたしだいです。たしかに次の勤務まで、24時間近く空いてしまうんです

結局、10時まで続いた勤務は1勤務として扱うとして、勤務日数は午前0時を回ったところから、2日目の勤務として扱うことにしました。そうすれば形としては、休日にもなりませんし、欠勤扱いにはなりませんよね。

厳密にいえば、休憩時間をもっとちゃんと取らなきゃならないとかあると思いますが、恒常的に続くものではないということでしたので、こんな形にしました。

うーん、うまく伝わるかわかりませんが、他にいい方法があると思った方はご一報を


いやあ、表現って難しいですね。ましてや、文章にするってことが大変だと、つくづく思う今日この頃です。

明日、またお休みですね。天気はいいのでしょうか。ではでは。。

5
11月に入ったとたんに、郵便局では年賀はがきが盛大に発売されていました。盛大に!

今年は(今年しか知りませんが・・)はがきと一緒に、年賀状ソフトも一緒に販売するなどして、購買意欲を高めているようでした。なかなか考えていますね。これだけパソコンが普及すると、面倒でない限り自己表現でアピールしたくなりますよね

でも、きれいに自己アピールする分、ペンを持たなくなることも事実。僕なんかは字に自信がありませんから、そのほうがいいんですけど、書く能力も退化しそうですから、できるだけ自筆を心がけましょう

といっても、郵政公社のまわしもんではありませんので・・


ところで、みなさん手帳ってどんなものを使っていますか?僕は重たいですが、6穴式のシステム手帳です。

店頭にはずらーっと並んでいますね。

先週、東京会から手帳が届きました。これがなかなかいいんです!
確か昨年から、連合会の手帳が有料になったのをきっかけに、東京会独自の手帳になりました。
これには、社労士法や東京会の会則、保険料率表はもちろん、源泉税の税額表まで載っています。
サイズもちょうどよくて、重宝しています。他県はどうなんでしょうか?

ちゃくちゃくと来年にむけての動きがでてきたなあ、と思った11月1日、1並びの日でした(あまり意味がない>_<)

このページのトップヘ