日日是々【よくばり社労士日記】

代々木の社労士福島紀夫です。労働、雇用問題をメインにアドバイスさせていただいています。
このブログは,自分の趣味の音楽や野球など,仕事以外のお話もあるので,『よくばり日記』としています。
人生一度きりなら欲張っていきていかないと(^-^)/

2006年05月

そういえば、今まで会社の担当の人とはよく話をしますが、従業員代表の人ってあまりなじみがない・・

協定書を作るときに聞いているので、名前は知っている。

でも、顔は知らない

今日は、そんな従業員代表の方にお会いしてきました。


なんでも、今後の協定を結ぶのに知らないことだらけだったというので、本腰を上げた感じです

いろいろ下調べをされたようで、疑問点をかいつまんでたずねてきましたが、やっぱり「裁量労働」と「事業場外」は難しい

プロ(のハシクレのおまけみたいなもんだけど)の意見を聞けばわかるから、と先方のマネージャーは言うけど、理解してもらうには難しいですね。

「なるほど、今の働き方は裁量にはなってない感じだと思うんですが」
というので、
「そうですね、実態が見えると考えもかわりますね。じゃあ、時間管理にしてきっちり行うように社長に話をしましょうか
というと、
「・・・いや、やっぱりそれは無理ですね
と間髪いれずに返答がきました。

働きやすい環境を作ることが大前提ですから、従業員側の意見もきちんと通さなければいけませんよ

そうは言ってもね、これもまた難しい解決しなきゃならない問題のようです。

書面だけじゃなくて、いい落としどころを探すにはいい機会でした

しかし、レジュメがつくれない・・

ranking
『法律・法学』ランキングに登録しています。“カチッ”としていただくと、私に10ポイント入ります

もう一回お知らせです

このブログをご覧いただいている方で、お気に入りの登録をしてくださっている方、またはリンクを張って下さっている方々へお願いがあります。
今回、URLを下記のように変更しましたので、登録の変更をお願いします。

http://fuku.fuku.shimanori.livedoor.biz/


さてさて、年金の分割といえばいまや奥様方の人気の的
来年施行だから、今年の離婚率が低いとか?

昨日きた相談は変わったものでした。

すでに離婚された元奥さんから電話がありました。

「前のだんなが危篤状態になってて、あまり先は長くない。」
という話が今の奥さんからきたそうです。(まあ、奇特な方)

その今の奥さんがいうには・・
「私は籍が入ってないから、もし死んだらあなたが遺族年金もらえるらしいから、手続きしたほうがいいわよ」

と言ったそうです。ということは、内縁の妻。

でも、もう10年以上も前に別れているので、そんな話はめんどくさいんだけど・・
というお話でした。

結局は、内縁の証明ができれば今の奥さんがもらえますよ、と元奥さんに伝えましたが・・ん〜、なんか変な感じです

まあ、人生それぞれですかね。

来年まで待ってる人も、待てない方も、カチッと応援お願いします

ranking
『法律・法学』ランキングに登録しています。“カチッ”としていただくと、私に10ポイント入ります

今日もお知らせから

このブログをご覧いただいている方で、お気に入りの登録をしてくださっている方、またはリンクを張って下さっている方々へお願いがあります。
今回、URLを下記のように変更しましたので、登録の変更をお願いします。

http://fuku.fuku.shimanori.livedoor.biz/

中身的には、変わりはありませんので、これからもよろしくお願いします


さて、今日もまたまた勘違いの物語りです・・(ちょっとめんどい話ですが・・)

休日労働・深夜労働の考え方ですが、たとえば・・

土曜日の18時から翌日曜日の12時まで仕事をした人で、通常22時から深夜割増がついて、0時以降は6割の休日深夜割増になって、朝の5時からは休日分の3.5割の割増がつきますよね。

で、日曜日の18時から同じように翌月曜日の12時まで仕事をした場合ですが、22時から翌朝5時までは休日深夜の6割がつくと思っていたんです。

だけど、休日労働と時間外労働は切り離して考えなきゃいけない、ということが今日はじめてわかりました

働き始めた時間から一労働日で考えるものだと思っていたのに、それは時間外の問題で、休日っていう概念は0時から午後12時までで切れてしまうんですね。

ということは、日曜日の午後12時、つまり月曜日の0時からはただの深夜割増でいいそうなんです。

またひとつ勉強になりました

というより、お客さんには間違ったことを伝えてしまったので、慌てて訂正を送りましたけど

なんだか、いろんな本をひっくり返していたら、あんなことも、こんなことも、そんなことまで知らないと思ったら、どっと疲れが・・

でも、監督署の人も間違えてるくらいだから、今回はいっか、と楽観的処理をしました

こんな恥をさらしてしゃーないなあ、と思った方も、ここはカチッとひとつ応援をお願いします
ranking
『法律・法学』ランキングに登録しています。“カチッ”としていただくと、私に10ポイント入ります

まずはじめにお知らせです

このブログをご覧いただいている方で、お気に入りの登録をしてくださっている方、またはリンクを張って下さっている方々へお願いがあります。
今回、URLを下記のように変更しましたので、登録の変更をお願いします。

http://fuku.fuku.shimanori.livedoor.biz/

中身的には、何ら変わりはありませんので、これからもよろしくお願いします


今日は、iDE社労士塾のOB会主催の法改正ゼミがありました。

講師は、受験生の講義で忙しい中、OB会のために時間を割いてくださった井出先生。
相変わらずの明快な講義に、カブリツキで聞きほれてきました

時々目が合ったりして、うんうん、と時間の経つのも忘れ、居眠りすることすら忘れて勉強してきました

今回はこれといって目立った改正はなかったですが、来年は大変だと言っていましたね。

しかし、法改正は大切です

実は、先週思いもよらぬ恥ずかしい思いをしまして・・

育児休業給付金の最後の支給って、たとえ一日でもまるまるもらえましたよね。ちょっと前までは・・

知りませんでした・・

日割りみたいになっていたなんて・・

そんなこともあったので、今年はちゃんと押さえようと思い行ってきました。


いろいろお話のある中で、またまた興味深い話がありました。

障害者雇用の話のときに、エレベーターの話になったのですが、よくエレベーターの中に鏡がありますよね。あれって、車椅子の人が扉の開閉を確認するのについているって知ってました決して、自分の顔を見つめるためについているのはないそうです。

そんなこと全然気がつきませんでした。だから、左右にはついていないそうです。

講義をする中で、いろいろ調べられた結果、わかったことだと思いますが、なるほど感心してしまいました。

そういえば、以前の講義の中でも、個人タクシーの商売道具は車なので、青空駐車ではいけなくて、ちゃんと屋根つきの車庫に入れなきゃならないと言っていました。

確かに、うちの近くの個人タクシーの車は、広い駐車場の中、ポツンと屋根つきになっていました。

そんなどうでもいいようなことばかり覚えていて、肝心なことは忘れてしまうのも考えものですね

でも、久しぶりの先生の講義は心地よかったです
でも先生、少し痩せられたような・・

さあ、今週で5月も終わりです。何が待ち受けているかわからない一週間のはじまり、元気にいきたいものです

今日も、カチッと応援をお願いします
ranking
『法律・法学ランキング』に登録しています
カチッといただくと、僕にポイントが加算されます。

af4466a6.jpg電車の中にあった広告で、「ムラサキニンジン」の野菜ジュースの広告がありました。

色的にはグレープジュースかなとも思えましたが、入っている野菜が「紫にんじん」「紫いも」「紫キャベツ」「なす」・・などなど、確かに紫入色のものが多い。

見るからに「まずそう」という印象を受けたし、コマーシャルしている中の一人がアンタッチャブルの大きいほう。
でも、キャッチフレーズの最後に「発売前の試飲体験でもっとも多かった答えが“おいしかった”」というので、ものは試しに飲んでみました

うん、確かにおいしいですフルーツも入っているせいか飲みやすく、普通の野菜ジュースより抵抗なく飲めるかもしれません。ぜひおためしを
(けっしてカゴメのまわしものではありません・・)


そんな買い手の心理を読むといえば、コカ・コーラの社長さんがテレビで話していましたが、コカ・コーラの自動販売機でサンプルを並べるのに、必ずといっていいほど『左側の一番上』に設置してるんだそうです。
買うときに、お金をいれてまず先に目が行くところが左側の一番上という統計からそうしているとのこと。

確かに自販機を見てみるとコカ・コーラに限らず、他の会社も主力製品は左上においていました。

やるな、コカ・コーラといった感じですが、そんな心理作戦にまんまとやられてしまう僕はなんて純情なんだろう、と思いました

純情な方も、それほどでない方もカチッと応援をお願いします
ranking
『法律・法学ランキング』に登録しています
カチッといただくと、僕にポイントが加算されます。

社労士といえど一個人。みんなそれぞれの考えで仕事をしていると思います。
僕は現実的に開業しているわけではありませんので、「一国一城の主」というサムライ的考え方はありませんが、みなさん胸張って仕事してますよね。

でも、これからは何かに特化しないとうまく乗り越えられないような気がしていましたが、さらにそんな気になりました。

決して弱気ではありません

でも、自分で責任とか信頼とか、重たいものを背負ってこの世界で生きていくには、理論武装が必要だと思いました。
いや、思います

なんて、自分は甘かったのだろう・・あの案件はこうしてたら成功した・・あのときこうすればよかった・・なんていう「タラレバ」とは縁を切らなきゃいけないですね

今日はそんな心境です

でも、いくら個人事務所といえど、立派に戦っている人もいますから、負けてらんないです
小粒は小粒なりの生き方を見せてやりましょう
だから、負けないモチベーションをアップするように努力しましょう。

さあ、週末はリフレッシュしなきゃです

モチベーションアップの応援をお願いします
ranking
『法律・法学』ランキングに登録しています。“カチッ”としていただくと、私に10ポイント入ります

「社員の不祥事が発覚して、ホントは辞めさせたいんだけど、少し反省させる意味も含めて減給するのって、法律的に問題あり?」
という問い合わせ。

労基法上の流れで、一日分の半分までで・・一ヶ月の10分の1までで・・という話をしましたが、やっぱりというかなんというか、「それだけしかできないの?」という返答が返ってきました。

制裁を与えようとするほうにしてみれば、確かにそれだけ?という額なんですよね

他に得策はないかというので、降格や配転をすれば賃金が下がってもやむをえないってところはあると思う、といっても、今ひとつの反応

あとは、本人にきちんと納得がいく説明をして、現状復帰のアメも与えてください、といってもまだ納得がいかないご様子

すると、「まあ、しゃあない。今回はいくつもそういう出来事があったということで、とりあえずマックスまでやるか」というので、慎重にやらないと罰則が重いですよ、とちょっぴり脅したけど、伝わったかどうか・・

ちょっと!こっちのせいにしないでくださいよ

どうやら何回注意しても改善されないので、今回の一件になったようですが、やみくもに追放してもかわいそうだし、その人自身は改善されませんからね。どうにか、救いの手で立ち直ってほしいと思います。

他の会社でも、何百万の使い込みがあったにもかかわらず、厳重注意だけで済んだ人もいたようで、その人をかってるのか、ものすごーく寛大なのか、人それぞれなんですね。

人と人とのつながりは大事なことです

今日もカチッとひとつ応援してください
ranking
『法律・法学』ランキングに登録しています。“カチッ”としていただくと、私に10ポイント入ります

今日は事業場外労働について考えさせられました。

「事業場外のみなし労働時間」って、受験時代もふにゃふにゃとした部分じゃなかったですか?
なんだかよくわからないけど、まあそういうもんだという感じで覚えるだけで・・(自分だけ

事業場外の協定は、外で働いた時間についてのみ協定をするわけですけど、実際問題、ずーっと外回りしっぱなしっていう人はいないですよね。
日によっては社内で残務整理や電話対応に追われたりもします。
だから、一概に外だけの協定というのは一つだけということはありえないんだということです。

でも、条文に「所定労働時間」と「通常必要とされる時間」とか、わかりにくい言葉を並べるから余計にわかりにくくなるんですよ


こういうときは監督署のおじさんに聞きます
やはり今日も参考になりました。渋○監督署の方面のおじさんは面白い人です

結局、僕たちは法律の型にあてはめて考えようという気持ちが強くはたらきすぎて、自由な考えができなくなっていたということがわかりました。

労基法は、もちろん罰則規定のあるものもありますが、罰則のないものは制限がないと考えるべきなんですね。

だから、協定書も社労士が作るものより、会社の人が作ってきたものの方が、あらゆる場面を想定して作ってくるので、受けるほうも「こういう考えがあるのか」と勉強になる、なーんて言ってましたたとえば・・

「都内で営業をやっている会社のケースで、他県や遠いところに営業に行く場合などは、事業場外とは認めない」
「外回りが4時間以内だった場合は認めない」


法に抵触しない解釈、法の枠内で収まっていれば、それが会社のルールですから、もうすこし頭をやわらかくしないといけないですね
先日の件も、そんな解釈でもいいんじゃない?という感じです。

さて、外は雷が鳴り響いています。さっき強烈な一発がきました。サーバーがダウンしないうちに帰ったほうがいいかも。

今日もカチッと応援お願いします
ranking
『法律・法学』ランキングに登録しています。“カチッ”としていただくと、私に10ポイント入ります

昨日の落ち込みから、少しずつ立ち直りました。

考えてても仕方ないですから、前向きにいきましょうということで

今日の午後は、その会社にお詫びと今後の対応について、打ち合わせにいきました。

先方も取って食うような気配はなく、結局は僕の意見を逆手にとって、対応のミスにより規定を上回る条件での妥決をすると。プロ(誰のこと?)の間違った意見でも、今回は指導通りやったということにするから悪者になってくれ、ということでした。
(実際は、それでもあまいと思うんですけどね・・本音は)

まあ、それでうまく回ってもらえるならそうしてもらっていい、という感じでした

でも、話を進めているうちに、先方もいろいろ情報を集めたらしく、「あなたの考えも一概に間違っていたとはいえないよな?そういう思いも入ってたんだろ?」と言われて、少し肩の荷がおりた気がしました

本当にいいかどうかは、これからの対応によって試されると思いますが、どこからかフォローウィンドが吹いてきたような気になってしまいました。

まだまだこれからですね

昨日コメントをいただいた方も、ひそかに「ガンバレ」と応援してくれた方もありがとうございました

やっぱり立ち直りは早かったみたいですでも、カチッと応援もお願いします
ranking
『法律・法学』ランキングに登録しています。“カチッ”としていただくと、私に10ポイント入ります

今日は朝からいきなり暗雲が立ち込めて、窮地に追い込まれました

今まで自分で解釈していたことが間違いだったのです。
でも自分としては強気で押し通していました。
社長にも堂々と話をしていました。
自分で調べた範囲でも問題ないと判断しました・・

しかし、調べていくと自分の齟齬がみえてきて、一転してお詫びの方向に。

こんなはずじゃなかった・・

でも自分が間違えている
たしかに見解の相違といってしまえば簡単ですが、間違いはマチガイ

落ち込んでもいられず、対応策の練り直しに終始しました。

自分への制裁(オトシマエ?)はその後からの話になるのでしょうが・・

しかし、落ちるときは早いもんです

みなさん、自分の見解を持つのは悪いことじゃないですが、しかっりした裏づけとともに進まないと、自分で自分を守れなくなりますので、注意しましょう。

まあ、自分でも立ち直りは早いほうだと思っていますので、起きてしまったことは仕方ないとあきらめます。

さあ、明日からまたやり直さなきゃ

そんなんで、今日はみなさんの気持ちの応援をお願いします

久しぶりに相撲を観ました。

また相撲ブームが来ているという話は聞いたことがありましたが、観てみてびっくり

幕内力士の中に、外国人力士の多いことしかも、モンゴル勢やいまやヨーロッパ勢までが名前を連ねる状況。

横綱をはじめとするモンゴル勢やバルト関や黒海といったヨーロッパ系がわんさかいます。

一つ前のブームのときは、若貴兄弟の二子山部屋やハワイ勢といった構図がありましたが、そのときとは形勢が違います。


今場所優勝したのも、モンゴル出身の「白鵬」関。

優勝候補の横綱朝青龍、綱とりの栃東らが休場する中での優勝ですが、弱冠21歳の若者の戦いぶりはかっこよかったです

今場所も優勝決定戦までもつれ込みました。(先場所は決定戦で横綱に敗れている)

対するは、大関の経験もある「雅山」関。

決定戦は見ごたえのある一戦でした

最後は若ものの勢いが勝ったかのような勝利で、観ていて気持ちよかったです

これで、来場所が綱とりの場所になって、またモンゴル人横綱が誕生するかもしれません。
また来場所が楽しみになりますね

がんばれ、日本人力士と思う方も、カチッと応援お願いします

ranking
『法律・法学ランキング』に登録しています
カチッといただくと、ポイントが加算されます。とうとう・・25位

会社が上場するというのは、大変なことですね。

大変というのは、「大変すばらしい」ということではなく、大変な労力と時間と費用がかかるということです。

上場すれば、社会的な認知度も上がるでしょうし、資金も潤うのかもしれませんが、そこに到達するまではせめぎ合いが続きます。


これからの参考になればですが、上場しようと思い立ったら、まず労務管理をきっちりやることを、きちんとわかってもらえる説明をすることです

「わかってる、わかってる」と口ばっかりな社長さんが多いですから
(いやいや、あなたはわかっていない

証券会社という存在と証券取引所という存在にけっこううんざりになります。
下手したら、監督署よりうるさい

あくまで法に則ってものを言ってくるので、「そんなの少し考えればわかるだろう」と思っても、通用しない。
「じゃあ、上場できなくてもいいんですね」とか言われたら、労力が水の泡です

でも考え方とすれば、いくら労基法はこうなんだから、と言っても耳を傾けない社長を右に向かせるチャンス。だから、この機会に一気に労務管理の大切さをわかってもらうことが大切だと思いました

上場を考えはじめたら、2年から3年の準備期間が必要でしょうね。
もっとも、きちんと整備されている会社なら別かもしれませんが・・・

ranking
『法律・法学』ランキングに登録しています。“カチッ”としていただくと、私に10ポイント入ります今日は・・19位

今シーズンは、ヤクルトの古田兼任監督が注目を浴びています。先日もその先駆者、野村監督との師弟対決と騒がれていました

でも、騒がれているけど、戦績の方はイマイチ・・

いやいや、まだ始まって1ヶ月しか経っていないんですから、勝敗はそんな大きな問題じゃないですよ!といいたいところですが、やっぱり注目されているから、采配がどうとか言われちゃう・・

確かに今までは選手としてリーダーであり、チームでもNo2のような存在だったと思います。試合運びにしても、任せられる存在だから、前監督も安心していられたと思うんです。

どの世界でもそうだと思いますが、トップに立つということはいろんな面をカバーしたり、気を配らなきゃいけない。でも、2番手の存在があるから、安心して自分の仕事に専念できるという部分も多いと思うんです。

先日開業したDrも同じことを言っていました。
「信頼できるスタッフがいるから、診察に専念できるんだ」と。
スタッフに感謝できる経営者って素敵だと思います。メンバーを大事にしない経営者のビジョンはきっと寂しいものになってしまうんでしょうね

古田も、今はまだ迷いがあって、思うような采配が取れないかもしれませんが、なにかバーンと打ち出して、それをヘッドコーチに任せてしまう。あとはプレイヤーになって思う存分打ったり投げたりすればいいんだと思います。

古田は小学生のときに、デブだからという理由でキャッチャーになったと言ってました。それでもいろんな試練を超えて、40になってまでも現役でいるわけです。

このうらやましい存在を応援していきたいです
(あ、横浜戦以外のときですけど・・・)

ベイの話しは、話題にもならんだろ〜、という方もカチッと応援してください
ranking
『法律・法学』ランキングに登録しています。“カチッ”としていただくと、私に10ポイント入ります今日は・・21位

昨日のエントリー通り、今日は監督署の年度更新受付コーナーに出てきました。

「週の中日だし、天気も今ひとつだし、今日はそんなに多くはないですかね!」とみんなで予想を立てたとおり、それほど多くは感じませんでした。
といっても、ざっと250件!自分でさばいたのは24件でしたので、約10人で一人当たりそんな件数でした
これが、週末金曜日や最終日だと、恐ろしく混むらしいです


そんな一日の中には、いろんなサプライズがありました。

(欷盈然枳鵤械芦円!30億ですよ!お・く!
3回に分けても1回分が9億なんぼ。どんな会社なんだ

建設屋さんが持ってきた一括有期の報告書が300枚!おいおい、はんこ押すだけでも時間がかかるって
でも、よく見ると、小さい工事も書いているので、まとめたらもう少し枚数減るだろうという感じ。監督署の人も指導すればいいのに。

またまたきました、海外派遣!少しやる気を出して取り掛かればいいのに、となりの職員さんにバトンタッチ。来年こそは、克服するぞ!と思った


けっこう一括有期が来るんですよ。そんなに込み入ったのは、さっきの300枚くらいでしたけど、とにかく多い。これがあるから勉強になるというのもありますが、割合とすれば4割は建設でした。


もうひとつ、すっかり忘れていた、というか自分の頭になかったのが、県をまたいで移転してしまった場合の手続き。
その会社さんは、移転の手続きをしていなかったと言って、申告書上で廃止を出して、移転先での成立を持っているのが見えました。僕は間違いともしらず・・
「廃止じゃなくていいですよ。移転の変更届を出してください」
なんて言ったんですけど、会社さんの反応がイマイチ。

あれ?と思い、確認すると・・

「県をまたいでの移転は、一旦廃止手続きを出し、それから移転先での成立・概算の提出を行う」
だそうです
実際に自分のとこのお客さんでやってみないとわからないことは多いです。

他にも面白い経験をしましたが、行政協力もこんなことがあるからバカにはできないんです。

ぜひ機会がある方はチャレンジしてみてください

今日も最後までお付き合いありがとうございます。ひとつカチッと応援お願いします
ranking
『法律・法学』ランキングに登録しています。“カチッ”としていただくと、私に10ポイント入ります今日も・・20位

今日の移動中の電車に、男子高校生4人が乗り込んできて、僕の前に固まって立ちました。

彼らはそれぞれの手に携帯を持ちながら乗ってきて会話を始めたのですが、高校生と言えどまだ子供ですね

なにやら面白いものをダウンロードして持ってるようで、それを送ったりして楽しんでる。そのうち・・

「なんだよ、お前の待ちうけタッチかよ」
「じゃあ、おめえなんだよ!」
「オレ、ガンダム!」

まあ、こんなもんなんですかね。女子高校生と違って、男の子はやんちゃなやつがかわいいですよ

きっと、こいつら彼女なんていないんだろうな、と思った瞬間でした


さて、年度更新も来週の月曜まで。明日は、監督署の相談コーナーに出てきます。
去年は、海外派遣の特別加入がきたりして、あわてて監督署の人にふったりしましたが、今年はそんなイレギュラーがないように祈るところです

まだ年更追い込みの方も、カチッとひとつ応援お願いします
ranking
『法律・法学ランキング』に登録しています
カチッといただくと、僕にポイントが加算されます。現在・・20位

先日からの電子申請に関する手続きの締め切りが今日でした。

なんにつけ、ギリギリになってしまう自分は、午後になって会へ書類を持っていきました。

事前に入っていた情報によると、どうやら会でも書類をさばききれてない様子なので、連絡を入れれば、明日あたりでもOKかも?という話。

東京会の狭い待合は6,7人の社労士さんでいっぱいで、受付の順番待ち。
幸い、いい方にあたったのか割と早く書類が返ってきました。でも・・

自分の書類はOKでしたが、所長の書類(所長が自分で作成したわけではありませんが・・)の「社労士」の「士」が“私”の「し」になってますが・・と言われ、明日訂正して持ってきていいかと聞くと、「大きい声では言いにくいんですが・・」という表情で許してもらえました

なにかと注文の多かった今回の委任状提出。やっと一段落です

今日の気持ちいい天気に、カチッとひとつ応援お願いします
ranking
『法律・法学』ランキングに登録しています。“カチッ”としていただくと、私に10ポイント入ります

先日、「俺は時間外労働なんて、指示した覚えはない!」という社長への説得を試みた、という話を書きました。

昨日の夕方かかってきた総務部長の話によると、「この前の話をした中で、社長が言った『承りました』の言葉の意味は、内容的に了解したというものではなく、『あなたの言っていることはわかりました』と言うことだった」というもの

確かに、一筋縄ではいかない方だとは思っていましたので、そんな裏話が出てきても、仕方ないとは思っていましたが、これでまたややこしくなってしまったことのほうが重たくなって・・

過去の精算について検討段階に入っていたと思いきや、また一からの出直しです

ここでは書けないいろいろな事が絡み合っていますので、詳細は避けますが、その社長の錯誤について、また来週早々に話し合いです

こうなったら、社長に一度痛みをわかってもらって、現状を把握してもらうしかないですね

対策を練って、ギャフンと言わせ・・たいなあ

それより、松井のケガが気になります。
早くプレイを見たい!と思っていただける方も、ここはカチッと応援をお願いします

ranking
『法律・法学ランキング』に投票してくださいお願いします

われわれ社会保険労務士が直接関係する法律ではありませんが、この4月から始まった「労働審判制度」で、初めての和解にあたる調停が成立したようです。

4月12日に申し立てて、わずか1ヶ月足らずのスピード決着です

そもそも裁判とも違って、手数料も裁判費用の半分(と言っていたような・・)ということで、だらだらと延びてしまうより、ちゃちゃっと解決したほうがお互いに楽な気持ちでいけますし、どろどろ劇になるよりマシなのかもしれません。

原則としては、長くても3ヶ月から4ヶ月以内に3回以内の審理で決着にこぎつけるというものですが、この「労働審判員」には、なぜ社労士は対象とならなかったのでしょうか?
「労働関係に専門的な知識経験を有する者」に該当しなかったのでしょうか?

以前に話を聞いたことがありましたが、すっかり忘れてしまいました。特別研修にも漏れてしまったので、余計なのかも・・
研修を受けている方々は、個別紛争解決にむけてぜひ地位を確立してください。

この制度ができたことにより、今まで労働局へあっせん申請をしても、多くの件数で打ち切りになってしまっていたということなので、労働紛争についての解決が早くなるかもしれません。

それはそれでいいことですが、それ以前にわれわれがくいとめなければならない問題ですね


そう、それと気になったのが、「マイルドセブン30円値上げ」の記事

かつて、僕が始めて手にした「セブンスター」は180円だったような記憶があります手にした瞬間、思ったより小さく、ドキドキしたのを覚えています。(なぜドキドキしたかって、そりゃ若かったし・・

でも、もっと値上げしちゃってもいいんじゃないでしょうか

確かに、以前タバコをすっていたときは、駅のホームに投げ捨てたこともあります。今考えればとてもかっこ悪い行為だと思います(なぜか、かっこよく投げ捨て方を研究したりして・・あの頃は、駅は禁煙じゃなかったし・・)

でも、今は世間が禁煙といっているのにマナーの悪い人が多すぎ、というか目立ちすぎです。マナーを守れずすいたいのなら、いっそのこと1000円くらいにしちゃったらどうですか?

しかし、タバコがそんな値段になっていたとは知りませんでした。僕がやめたのは、まだ専売公社の時代でしたし、弱冠ハタチだったし

タバコのマナーについてご意見のある方も、カチッと一つ応援お願いします
ranking
『法律・法学』ランキングというところに投票されます

石井選手、2000本安打達成おめでとう投手からの転向組では、あの川上哲治氏以来、2人目の快挙だそうです。

そう、石井選手は入団当初はピッチャーでした。選手生活を終わるまでに、もう一度マウンドに立ちたいという希望もあるようです。

ベイでは、ずっとリードオフマンを守っていて、守備力もあり、ちょっと女性についてはいろいろありましたけど、でも、昨日の雪辱を第一打席できっちり返すところはすばらしいですね

さあ、これで波にのって上昇するぞぉぉぉ


さて、ところで仕事に戻って・・・

今、電子申請にむけての委任状届出期限が来週月曜日に迫っているところで、みなさんバタバタしていると思いますが、昨日横浜の社労士仲間から、「委任状は毎月受け付けするらしい」との話を聞きました。

じゃあ、こんなにあたふたしなくても、来月に入ってからでも間に合うんじゃない

ということで、すぐに支部の担当の先生に確認しましたが、うわさは出ていたが、東京会からは何の反応もないとのこと。

神奈川県の通達を入手したので、それを送って確認していただいたところ・・・

「随時受け付けの対応は、各会に任せられていて、東京会での判断は決定していなく、みんな今月の15日ということで一生懸命やってもらっているから、曖昧な情報を流してやる気がなくなっちゃうのも困っちゃうし、このことは伏せておいてね」

ということらしいんですね
まあ、それはそれで仕方ないことかも知れませんけど、実際こうやって情報は流れてきますからね、隠しておいても意味がないんじゃないかと思ったしだいです。

まあそれより、今日は2000本安打達成に祝福のカチッをお願いします
ranking
『法律・法学』ランキングというところに投票されます

今日の業務日誌がまとまらなかったので、どーでもいい話を・・

昔から、「ゴトウビ」などといい、5のつく日や0のつく日は支払いなど現金が動く日とされていますが、今日の午後、うちの事務所の経理がATMに行ったところ、現金30万くらいやカードが何枚も入ったバッグが置いてあったそうなんです

慌てて外に出て探してみたらしいんですが見当たらず、そのまま交番に届け出てきたとのこと。

中をあけてみると、免許証や保険証までもが入っていて、本人と特定する材料がそこにあるだけに、取りに来たときにどうやって身分を証明するのだろうという話になりました。

免許の写真で本人とわかればいいですけど、もし人相が変わっていたら・・・

結局、「落とし主が現れた場合に1割のお礼を、といわれたらどうしますか?」とおまわりさんに聞かれ、辞退してきたとのことでしたが、だったらはじめから1割引いて届け出るのも手間が省けていいのかななんて、思ったりして・・

いやいや、ほんとにどーでもいい話ですみません

何事も落ち着いて行動しなきゃ!と思った方も、カチッと一つ応援お願いします
ranking
『法律・法学』ランキングというところに投票されます

今年もセ・パ交流戦が始まります。
チームによっては、この勝敗がカギとなって、ペナントレースをも左右するとあってか、初戦から力の入れ具合が伺えます

わがベイも今日から楽天戦。三浦と一場の新旧エース対決が見られそうです

最下位のチーム同士なんか、どうでもいいとか思ってませんか〜
これで波にのって、勢いをつけていってくれ〜と願うばかりです

去年の交流戦の覇者は『千葉ロッテ』でしたが、今年は2年目のジンクスに悩まされているのでしょうか、なかなか浮いてきませんね。

千葉のみなさん、そして宮城のみなさん、横浜もこれから熱くなっていきますよひっくり返していきましょうね

それぞれ応援するチームは違っても、ここは一つカチッとこちらの応援もよろしくです
ranking
『法律・法学』ランキングというところに投票されます

毎週休み明けにメールを開くと、ながーい時間をかけてスパムメールが入ってきます

いつもだいたい40〜45通くらいくるので、この連休明けはいかがなものかと手ぐすね引きながら開いてみると、その数117通

スパム対策はしているものの、まとめて消してやりましたもしかしたら大事なメールもあったのかもしれませんが、スパムっぽいタイトルをつけた方の責任ということで無視してしまいました。

しかし、連休だったというのにスパム屋さんは元気ですね。
メールの中には、「至急ご確認ください」とか、「先日連絡した○○です」とか、こっちも「あれ?誰からかな?」と疑ってしまうようなタイトルをつけてくる業者もいて、なかなか考えています

って、感心している場合じゃないんですけど、最初は時間があると、くだらないといいつつも読んでいたりもしましたが、毎日のことで嫌になってきます

みなさんも変なやつに引っかからないように気をつけてくださいね

ホントにスパムには困った、と思った方も一つカチッと応援よろしくお願いします
『法律・法学ランキング』というところに投票されます
ranking

de3a9399.jpg昨日は、サークルOB会のライヴで、大騒ぎしてきました

みんな、30代40代になっても音楽好きは変わらず、酒の飲み方も変わらずで(このへんは、もう少し大人になってほしいんだけど・・)楽しんできました。

それぞれのバンドも、練習時間の少ない中、演奏は完璧とはいわないまでもそれなりの盛り上がりをみせて終わりました。


仲間の一人に、4年間ずっと一緒にやってきたギターがいて、そいつとは性格も相性も合わないんですけど(僕はAでやつはB型)、なぜか音楽性だけが合っていたので、くされ縁的なつながりでバンドをやってました。

そいつが、10年位前に原因不明(先天性とも言われたようです)の頭の病気で倒れてしまい、もうギターを持つことすらできない状態にまでなってしまったのです。

その間も、OB会のライヴは続けていて、やつを呼ぼうとしても「みんなに迷惑がかかるから」となかなか姿をみせませんでした。

でも、彼もリハビリをがんばり、みんなが待ってるということを、やつもわかってくれて、おととしのライヴで見事復活を遂げたんです

前みたいなメロディアスなギターは弾けなくなっていましたが、やつの姿がステージにあることで、みんな感激
演奏していても、自然に涙がでてきてしまい、こんな最高なライヴはないと思いました

今回のライヴでは、そんながんばっているギターの話を聞きつけてくれた、元「44マグナム」というバンド(このバンドを知っているひとは、かなり個性的な音楽性の持ち主ですね)のヴォーカリストが急遽応援に来てくれるサプライズがあったんです
彼も今病気と闘っていて、お互いのこれからをステージ上で激励しあって、またまた感動のフィナーレでした

今日の内容は、あまりに個人的なコメントすぎて、この感動は伝わらないかもしれませんが、音楽という『絆』が大切に思えた一日でした音楽やっててよかったです

音楽サイコーだよ!と思っていただいた方も、カチッと一つ応援お願いします
ranking

先日、昔からのバンド仲間から、「学生のときのビデオが出てきた」というので、早速コピーしてもらって観てみました。

中に収められていたのは、大学1年のときに組んだバンド、2年のときに組んだバンド、そしてサークルの卒コンのときの3本のライヴ映像でした

いやあ、とにかくみんな若い若いのもそうでしたけど、演奏がまた若気の至りみたいな感じに荒削りなこと

聞いてて恥ずかしくなるくらいでしたが、でも若いだけにパワーがあるこの前見た10年前の映像が、落ち着いた感じでたたいてるように見えてしまうくらい。

やっぱり時間というのは、いろんなものをまろやかにしてくれて、しっかりと熟成させてくれるんですね(そんな大したものではないか・・・)

ということで、本当にまろやかかどうかはわかりませんが、今日も地獄の6時間耐久スタジオが始まるところです終わるころには、体が解けているかもしれませんが、楽しんできます

連休でお出かけ疲れの方も、カチッと一つ応援よろしくです
ranking

91a15c20.gif連休にお時間のある方に、お薦めの本をひとつご紹介します。

僕は野球も好きですが、ラグビー(もっぱら観戦する方)も好きです

この本は、今や大学ラグビーでも伝統校と張り合うまでになった、関東学院大ラグビー部の春口監督について書かれた本です。大学ラグビー界でも名将の一人だと思います。

春口監督は、24歳で大学の講師になり、以来30数年間関東学院のラグビー部の指揮をとっています。

就任当初は、大学内での知名度も低く、部員もギリギリの15人。それも、練習もしないで、「まずは指と頭を鍛えてから」といって、雀荘に入り浸っている部員も含めての人数だったそうです。

それを、今日の大学選手権制覇までのし上げてきたという努力、熱い感情、監督の暖かさが伝わってきました

今、大学ラグビーのリーグ戦は3部まであって、30数年前は、当然3部リーグの最下位チーム。これを、どうやって10年後には1部リーグに上げるんだと思えたのでしょうか。
同じ舞台で「ワセダ、メイジ、ケイオー」と戦うんだと信じられたのでしょうか。
そのモチベーションの高さには頭があがらない思いです

春口監督の反骨精神は、もしかするとこれから社労士として仕事をしていく上で、大きな壁(ラグビーでいえば早明慶)も覆すんだという気持ちを奮い立たせてくれるかもしれません。まさに、逆境に立ち向かう人に元気を与えてくれる人だと思いました。

そんな今までの苦労や、踏ん張りが伝わってきて、心から感動しました
正直いって、監督の熱さには電車の中で読んでいても、目頭が熱くなるくらいでした

もし、連休に時間があるようでしたら、読んでみてください。お薦めです。

来年のお正月も、また「清宮ワセダ」との熱い戦いを期待したいです

そして、そんな、母校ラグビー部を、春口監督をこれからも応援していきたいと思います

ラグビー大好き、野球大好き、連休は体を動かそうという人も、カチッと一つ応援お願いします

ranking

連合会が電子申請の確立にむけて、どこの会でも研修が行われたと思いますが、支部の中でも、電子申請推進チームのリーダーとかこつけられて、パソコンの苦手な方や要領のわからない先生方のサポートをすることになりました。

私の担当になった方々は、みなさん年上の方ばかり。必ず一度は進捗状況の確認をしてください、とのことでしたので、みなさんに電話をしました。

その中の先生で、ベテランのおねえさま先生(持ち上げすぎ?)が、「やっぱりわからないからきてちょーだい」というので、行ってきました。

いやあ、事務所の中には先生の他にもおば・・おねえさまが3人もいて、一つのことに対する反応が大きい
「ここは、こうしてこうすると早いですよ」といえば、「へえ〜」と驚き、「このデータはこうやって削除してしまったほうが・・」と説明すれば、「あら、便利ね〜」と感心していただき、往年のおねえさまぶりを発揮していました

でも、いろいろ問い合わせをかけながらでも、ちゃんとパソコンを使って処理しているんだなあ、と改めて感心。みなさん時代の流れについていっているんですね。

そんな中でも、所長である先生は、状況を立って見つめておられて、「どこの所長も同じなのかな」とひとり苦笑してしまいました。あ、ちょっと語弊がありましたか?

街はGWなだけにスローな動きに思えました。
これから、連休を楽しむぞという人も、カチッと一つ応援していただいてから楽しんでください

ranking

「俺は社員に残業なんて強制した覚えなんかないわい」という社長さんを説得してほしいというお話があり、急遽出向くことに。

技術畑出身の社長さんによくありがちかもしれませんが、人が休んでいる間に働いてなんぼの感覚。「いいアイディアなんて夜中に閃くことがしょっちゅうなんだから、時間に縛られるのはおかしい
それでも、モンクを言うやつは辞めりゃいい、という強気の考えの持ち主。

でも、実際にそれで、何人の優秀なスタッフが出て行ってしまったことか・・

まあ、とにかく「残業は命令してない!いい仕事をして、欧米と張り合うにはそんなことは言ってられん」と言い張るので、「その成果は、インセンティヴで払ってあげてください。働いた時間については支払いをしないと、労働者債務がありますから」といってもなかなか納得しない・・

確かに、ローパフォーマーとハイパフォーマーが混在する中で、ここからここまでと時間を区切って、すべてを支払うのはおかしいですよ。でも、残業している状況を社長が知っているだけでも、「黙示の指示」につながるんですよね。それ以上を管理するなら、きちんと管理職を育てなきゃいけないのに、それもいまひとつできていない・・

でも話してみてなんとなく気持ちもわかります社員のことを思っていることも伝わってきました。だけど、今の法制上で生きて行く上では、違った側面も見てもらわなきゃならないですよね。

「でも、今年度からしっかり管理しなきゃだめだ。今までなにやってたんだ」と少しは前向きに考える方向に向かったと思うので一安心。

帰りにマネージャーさんと立ち話をしましたが、「根本的な考え方は変わらないだろうから、まだまだ時間はかかると思いますけど・・」って言われてがっくりきてしまいましたが、少しでも理解に向かったと思って、前向きに考えることにしました

時間管理って難しい問題です


今日は初夏の陽気みたいでしたね。あったかかったです。
GWもこの調子で天気もってほしいですね

今日もカチッと一つ応援お願いします
ranking
これを押しても、決してなんとか詐欺みたいなサイトにはいきませんので、ご安心ください。
もっとも、僕の気分がよくなるという点からみると、ちょっとサギまがいかな?

このページのトップヘ