日日是々【よくばり社労士日記】

代々木の社労士福島紀夫です。労働、雇用問題をメインにアドバイスさせていただいています。
このブログは,自分の趣味の音楽や野球など,仕事以外のお話もあるので,『よくばり日記』としています。
人生一度きりなら欲張っていきていかないと(^-^)/

2007年06月

61d33f63.jpg気分転換にデザインを緑調にしてみました
携帯バージョンも変えてみましたので、下の方にあるQRコードから見てみてください!


さて、昨日の夜、酸素カプセルに入ってきました
これは、中からの画像

事務所の横に治療院があって、前から気になっていたのですが、やっと実現
30分3,000円コースと、60分5,000円のコース
初めてだったので30分コースを選びましたが、
「推奨するのは40分くらい入るといいと言われています」
って、それならはじめから40分コースを設定したほうがいいんじゃないの?とカプセルに入ってから思ったこと

カプセルの中は思ったより広く、寝返りもうてるし、本も読める広さ。
カプセルホテルを一回り小さくして角をとったような感じ。

最初の5,6分は耳抜きをしないといけない。
飛行機に乗った感じのよう。
10分も経たないうちにカプセルは膨らみきって、気圧は1.3という数値に

こうなると、もう耳も平気だし、高酸素が注入される音さえ気にならなければ眠ることもできる。
実際に寝入ってしまいましたが

やってる最中は、なんとなく体がじんじんする感じが気持ちよかった(≧∇≦)

あっという間の30分でしたが、終わったからといってすぐに出ることはできない。
少しずつ気圧を下げていくのですが、終わりのほうが鼓膜がびりびりする感じで、なんともこそばゆい(T▽T)

終わって出てみると、体が軽くなったような気分になりました


その後、「マッサージをすると尚効果的ですよ」と促され、こっちも初体験の「ウォーターベッドマッサージ」へ
10分500円と30分1,000円のコース

これまた気持ちいい

一番強くしてやってもらいましたが、かかとから肩先まで、実に水の動きがいい
ジャグジーの強い版といった感じです。
これは病みつきになりそう

かかともぐるぐる回りながら揉んでくれるし、お尻から背中にかけてはズンズンと突き上げてくれる
ここまで僕の体をしっているのか?と思うくらい

高酸素カプセルは、ベッカムや斎藤投手も甲子園まで持ち込んだというくらい有名になっていましたので、これから時間をみて高酸素を注入していこうと思います。

って、そんなに疲れるほど仕事してんのかという意見は無視無視


人気ブログランキングに参加しています
下のボタンをクリックいただくと10pt上げていただけます

ranking
上昇させてくださ〜い(願)カチッとおねがいφ(. . )

233ead8c.jpg監督署に行った時に、入り口に七夕飾りを発見!
縁台まであって、なんとも涼しげ
と腰掛けたら・・・
「これはディスプレイですので、座らないでください」の張り紙
ちょっとくらい座ったっていいじゃん(・ε・)
でも、座った感触がギシギシいってたわ


さて、下請で入った仕事中の事故で、最終的に労災は認められず、その人の敗訴が決まったというニュース

このケースだと、元請(もしかしたら、もっと下の会社)がこの人に対して特別加入を求めなかったことに原因があると思います。
最近の親会社は、特別加入していない個人事業主を嫌う傾向にあると聞いたことがあります。
外注であれば、確かに業務の指示命令はないかもしれませんが、大きな会社が元請けになっていたことを考えると、少し配慮が足りなかったのかなと考えるところです

仕事が大きくなるにつれ、組織も縦に長くなる
元請から下請、孫請、曾孫請、玄孫請・・・おっと、これを数次の請負というんですね
これだけ大きくなると、ある一部で事故が起きても、それを隠そうとしてしまう。

今回は労災隠しではありませんでしたが、元請などの親に対しての民事での争いに発展するのかどうかです┐( ̄ヘ ̄)┌

法律にはかなっているかもしれないけど、ちゃんとルールは作っておいてあげないと。
といっても、特別加入なんて知らずに仕事をしている人もたくさんいるでしょうから、もっとわかりやすくしてあげないといけないのでしょうか・・・

【以下引用】
下請け大工の労災認めず 『労働者に該当しない』

 出稼ぎ先の工事現場で、建設会社の下請け作業中に指を切断した山形県の大工の男性(55)が、労災保険の適用を認めなかった藤沢労働基準監督署(神奈川県)を相手取り、休業補償などの支払いを求めた訴訟の上告審判決が二十八日、最高裁第一小法廷であった。泉徳治裁判長は「元請け業者の指揮監督下で仕事をしたとは認められず、労災保険が適用される労働者には当たらない」と述べて、男性側の上告を棄却した。
 男性側の敗訴が確定した。
 訴訟では、下請けの大工として出稼ぎに来ていた男性が、労災保険の対象となる労働基準法上の労働者に当たるかどうかが争点となった。
 同小法廷は、元請け業者からの指揮や命令、報酬支払いなどの実態について検討。(1)工法や作業手順は自分で選択できた(2)作業時間も自由(3)報酬は出来高払いで労務に対する対価ではなかった−などの事実を指摘し、「労働基準法上の労働者には該当しない」と結論づけた。



人気ブログランキングに参加しています
下のボタンをクリックいただくと10pt上げていただけます

ranking
上昇させてくださ〜い(願)カチッとおねがいφ(. . )

昨日、安倍総理の夢をみました
昨日のコメントに「安倍さんは何を考えているのでしょう」的なことを書いたら、出てきたみたい
セミナー会場で、話を終えて視線を落とすと、机から通路にはみ出してにっこり(苦笑?)微笑う総理の顔が
「あー、コメントに対してモンクを言いにきたんだなあ」と思った次の瞬間は、昭恵夫人とお話をしていました


さて、IT関係のお客さんの社長と、是正処理のことで話をしていると、「今の日本の行政は間違っている!」とご多聞にもれずそうおっしゃる
それでも時間管理を行わなきゃいけないことを話しても、ぜんっぜん納得してくれない

自由な社風はわかります
「仕事が終わっても、社員のみんなに勉強する時間を与えている」、と言われてしまえば、それはダメですよとも言えないけど、それも労働時間ですよということと結びつきかねません、となってしまうヽ( ̄ー ̄ )ノ 

パソコンの話になって、「パソコンなんていうものは、いちいちログオフする人なんかいませんよ!そんなことしたらハードディスクが弱ってしまう。いちいち電源を切る人はパソコンをわかってないんです」と言います
素人からしてみれば、そんなことはないだろうと思っていたら、社内の何割かの人はつけっぱなしなんだとかL(・o・)」

むかし、ふろしき残業と言われた持ち帰り残業も、今や自宅のパソコンにデータを入れてしまえば、簡単にできてしまう
しかし、セキュリティの厳しい会社は、そんなデータを自宅のパソコンに入れることすら禁止しているので、当然につけっぱなしになるのだという
会社のパソコンを着けておかないと、自宅からリモートでログインできないからだそうです

へえー、データの流出というのは、そこまでして厳しくやらなきゃならないんだ
というか、そんなにしてまで仕事するんだと感心

そういうポリシーは社長の思い込みだけでなく、ちゃんと社員にまで広がっていました

でも、そのあと、「今は、ノートパソコンは引き出しにしまって、鍵をかけろと言われていますが・・」と切り出した、ある幹部の発言に社長絶句

少しの間、グーの音もでなかった社長でしたが、また矛先は行政に向かったのでした
(●`ε´●)


個人情報の流出だなんだでいろいろ騒がれていますが、どこもうるさいんですね
でも、自宅からログインするために会社のPCをつけっぱなしにしておくのは、素人目によくわかりません
それでもセキュリティは守られていると断言できるのでしょうか???

ちなみに、社長の3台のPCは厳重にロックされているようです・・・


人気ブログランキングに参加しています
下のボタンをクリックしてください

ranking
上昇させてくださ〜い(^∧^)カチッとおねがいφ(. . )

88bac500.jpg先日上野に行った時に、ちょうどお昼(ちょっと前)だったので「光麺」に入りました
オーダーは、「熟成光麺」
(店内が暗いので、写真映りが悪いかも)
上野店だけかどうかはわかりませんが、ランチタイムには、大盛り、味付玉子、半ライス、杏仁豆腐の4つのサービスがあって一つを選べるので、迷わず玉子をチョイス
 ( ^o^)( ^−^)(^〜^)

とんこつしょうゆのスープに中太麺がからみます
僕はどっちかというと太麺が好きですが、ここのは問題なし
チャーシューもしっかりと味がついていて、炭火であぶったような香ばしい焦げ目も魅力的
 ( ̄¬ ̄) ジュル・・

前に行ったときは、「熟成焦がし担々麺」を食べました
黒ラー油を焦がしたというスープは見るからに超こってり系
食べる前にゲップが出そうでしたが、食べるやびっくり
確かにしっかりしたコクがあって焦げたラー油が口の中に広がりますが、意外にしつこくない
食べ終わっても喉が乾く訳でもなく美味しくいただきました
880円とちょっと高めですがおすすめです


さて、注目はこのプリンのメニュー
「魔法のプリン」って書いてあるけど、どんなプリン???
ラーメンのあとのスウィーツとしては実によさそう(#^.^#)
さすがに一人でプリンを食べる図もおかしいと思い断念しましたが、ぜひ食べてみたいプリンです

もう食べた方はご一報を

あ〜、おなかすいてきた〜


人気ブログランキングに参加しています
下のボタンをクリックしてください

ranking
上昇させてくださ〜い(^∧^)カチッとおねがいφ(. . )

c704c0f4.jpg今日は、年金あんしんダイヤル初体験
でも、ふだん言い慣れない言葉を使うものだから、舌をかみそうになるのをこらえながらのテレフォンオペレーターぶり
世間のオペレーターさんていうのは大変なものだなあ、とひとりごちたりしてd(゜ο゜)o

ヒマになったとはいえ電話をかけてくる人はけっこう多いです
30代の人の電話も何件か取りました
あなたの今に年金の加入記録は、なんで必要なの?と聞いてみたかったけど・・

フリーダイヤルでかかってくる電話は、杉並のセンターとここ目黒のセンターにかかることになり、自動的に振り分けられるらしく、杉並にまわった人は端末もあるのでラッキー
でも目黒はアンラッキー
だけど、杉並は派遣アルバイトだけど、目黒は社労士
「あなたは社会保険労務士ですか?」と聞かれ、「え、ええ、まあいちお・・」
(年金は専門ではありません、という心の叫びは届かなかったかも)

しかも、郵送まで1ヶ月近くかかってしまうのに、そんなにモンクを言わないあたりはマスコミの効果大かも

郵送されるデータは、年齢によってかかる日数を違えていて「3週間から4週間ほどかかりますので」といったら敵も去るもの、「1週間か10日ってやってましたけど」
・・・60歳超の方でした

マスコミといえば、昨日たけしの「テレビタックル」で年金の話をしていたらしく、そんなテレビをやった次の日は電話多いんだとか。


相談で多いのは「手帳を2冊持っているんだけど」とか「昔の国民年金の納付がわからない」という王道モノ。
中には、「16歳から働いてて、18歳からの記録はでてきたけど、16からの記録はどこに行ったんだ?」という質問。
加入に年齢制限なんてあったっけかな?と一瞬考えてしまったり


とりあえず、みなさんに加入記録と国民年金の記録、厚生年金の記録を送ることにして業務終了
( ^ ^)/U☆U\(^ ^ )

これで、年金業務に絡むこともないのでおしまいです
となりの人は、明後日もう一回来るんだと言ってました
空いている時間は、迷惑がかからない程度におしゃべりをしていいですよ!という言葉に、いろいろ情報交換をさせていただきました!

今日あたりはまだ涼しかったからいいですけど、あれはかんかん照りだったら最悪です
年金ダイヤルに行く人は、テルテル坊主をさかさまにして雨乞いをしたほうがいいかもしれません
  (メ▼_▼)

ちなみに、おべんとは・・・並でした


人気ブログランキングに参加しています
下のボタンをクリックしてください

ranking
上昇させてくださ〜い(苦笑)カチッとおねがいφ(. . )

年金問題の第三者委員会が今日スタートしたのでしょうか。
今日のニュースを見ていたら、「年金記録漏れの確認、雇用保険の加入情報を活用へ」の記事が。

「雇用保険制度は、1人でも労働者を雇用していれば、事業主に加入の届け出を義務付けている。」って、細かいこと全部抜いてない?
それって間違ってないか

雇用保険のデータと年金の記録がリンクしていたら、年金もらっている人はわざわざ「老齢厚生年金受給権者支払停止事由該当届」なんて出さなくたって、データがわかるってことになるんじゃないの?と単純に思ってしまいましたL(・o・)」

第三者委員会には、東京会の副会長さんもいるので、きちんと対応してくれることでしょう( ̄ー ̄)

というか、今度は雇用保険も入ってなかった!なんてことにならなければいいですが・・・


そんなこんなで年金のことを書いていたら、明日は「年金あんしんダイヤル」に行くことになってしまいました
(((^^;)(;^^) ))
でも、もう忙しくないみたいだし、午後はとなりの人とおしゃべりできた、なんてことも聴こえてきたので安心して行って来ます


【以下引用】
政府・与党は24日、年金記録漏れのうち、厚生年金加入者に関する記録の持ち主などを特定する方法として、雇用保険の加入記録を利用する方針を固めた。

 雇用保険の加入者情報は、厚生年金の加入者をほぼ網羅するためだ。25日に初会合を開く有識者による「年金記録確認中央第三者委員会」が7月中旬にも策定する記録確認の運用指針(ガイドライン)でも、この方針を採用する見通しだ。

 雇用保険制度は、1人でも労働者を雇用していれば、事業主に加入の届け出を義務付けている。届け出に基づき、加入者の氏名や生年月日、加入した日、事業所名などの情報がデータ化され、保存されている。

 一方、厚生年金は、常時5人以上を雇用している事業所などが対象。一般的に、雇用保険の方が対象者の範囲が広く、厚生年金の加入者記録と重なる情報が多いという。



人気ブログランキングに参加しています
下のボタンをクリックしてください

ranking
上昇させてくださ〜い(苦笑)カチッとおねがいφ(. . )

今月の「月刊社会保険労務士」に、第3回の特別研修の案内と申し込みがあります。
今年から、年1回ですから、申し込みにもれてしまうと、また来年ということに(。_゜)〃

昨日、支部の集まりがあったときに研修委員の先生が言ってましたが、研修が始まる頃になって「申し込み用紙が見当たらなかった」とか「申し込んだつもりだったのに、なんでもれてるんだ」という声がやまないんだそうです

そんなことを回避するためにも、受けよう!特定社労士になろう!と考えている方はぜひともチャレンジしてください


昨年の第1回目の申し込み時には応募が殺到して、「1回目でもれたら、2回目にしてね」という欄に○をつけたので、2回目で受講できました。

今度2回目になると、研修のスケジュールに音を上げた人たちの辞退が相次いだために、「ホントは開業が優先なんだけど、勤務の人も研修に参加しませんか?」という姑息な手段を連合会は取りました。
そこで辞退すると、「3回目は回ってこないかもしれませんぜ┌( ̄0 ̄)┐」という態度に出たのです

なので、回ってきたチャンスはものにしてくださいね


あちこちで、特別研修用の講座は多くなるでしょう。
渋谷支部でも40人の特定社労士がいて、その人材を使って研修をやるとか言っていました。
(まさか、僕は除外されていると思いますが・・・)

ということで、受験対策講座を予定しています。
こっちは試験対策に絞った講座です!

日程は、9月22日(土)の予定
場所は、渋谷

講師は、あの「おきらく社労士さん」です(≧∇≦)

前回の研修の時にも、関東までお名前は届いていました。
ブログというバーチャルな媒体からセミナーをやってしまおうという企画です!
詳しいことはまたアップしますが、合格するための秘訣を伝授して欲しい方はぜひ参加してください


人気ブログランキングに参加しています
下のボタンをクリックしてください

ranking
上昇させてくださ〜い(苦笑)カチッとおねがいφ(. . )

民間から行政まで、責任のなすりあいが続いています。

今度は、自治体の年金データ問題
一度手元を離れたり、喉元を過ぎてしまえば知らぬ存ぜぬで通しているような感じもする
\(゜ロ\)  (/ロ゜)/
またこんな記事が載ると、社保をターゲットにしていた人たちが役所に押し寄せてしまいそうです
もっとも、こんだけ騒がれていたら、自治体もおいそれとはいえないでしょうけど|(−_−)|


先日の、渋谷のスパで起きた事故もそう
会社は、委託先に任せていたとし、その委託先は更に下請けにだし、下請けはそんな指示は聞いていないという、なすりあいの図式

じゃあ、設計段階の基準が?と視点をかえても、そこまでの基準は求めていないという行政の構え


北海道に目を向けると、肉屋の社長は工場長から相談を受けてやったと責任をなすりつけ、のらりくらりとかわす
当の中間管理職は、額に汗を浮かばせながら、しばらくの沈黙のあと「社長に指示された・・」と勇気をふりしぼって言いました( ・_・)ノ☆(*_ _)
専務の息子も勇気ある発言でした。

罪悪感に苛まれながらも、責任の所在を明らかにした専務と工場長はたいしたもんですね


確かに、上の人間に助言をすることは大変だと思います。
でも、そういう形態を変えていかないと本質的によくならない。
変な正義感(要らぬお世話とも?)を通したくなる。
でも、なかなかうまくはいきませんなあ・・・


【以下引用】
社会保険庁は21日の参院厚生労働委員会で、国民年金記録の原本にあたる「被保険者名簿」を保管していない市町村が161あることを明らかにした。この市町村の住民は、支給漏れなどが発生していても原本と照合できず、年金記録の統合も難しくなる。ただ社保庁は市町村名を当分公表しない方針だ。

 国民年金の保険料徴収は2002年に市町村から国に移管。その際、市町村には被保険者名簿の保存義務はなくなり、一部の自治体が廃棄していた。5月末の調査で、全国1827市町村のうち、191市町村が名簿を「保管していない」と回答。その後30市町村が名簿を社会保険事務所に移していたことが分かった。


人気ブログランキングに参加しています
下のボタンをクリックしてください

ranking
上昇させてくださ〜い(苦笑)カチッとおねがいφ(. . )

労働3法案は、今回見送りになるみたいですねヽ( ̄ー ̄ )ノ
引き続き審議入りされるのでしょうけど、近い将来に決着はつくんでしょうか

そんな、社保庁改革にゆれた国会でしたが、年金問題の第三者委員会というのがあるのはご承知のこと
その中央委員会というのが発足するというのは先日のニュースで見てました

昨日、副支部長の先生から電話が入って、もちろんボス宛にだったんですが、留守だったので僕に回ってきて。
その内容が、

「実は、第三者委員会の下に中央委員会というのがあって、その人選を急いでいる
といいます

領収書がなくても年金記録を認めてあげるための調査資料をまとめるのが主な仕事。
週3日くらいで1日4時間くらい出来る人を探しているんだけど、人選には気をつけなきゃいけなくて・・
と急を要するみたい

と、ここまで話したあとに、
「ホントはボス先生に言ってからなんだろうけど、shimanoriさんどお?」

は?オレ?(#^.^#)
もしかして、メジャーデビューしちゃうの、オレ(=^_^;=)
と考えていたら、
「絶句・・・ですか?」

慌てて返しましたが、ボスが帰ってきてそんなことを告げると、
「昨日の今日みたいな話はやめよう、って言ってあるのになあ

確かにそのとおりで、ここんとこそんなん続きでしたからね Oo。( ̄。 ̄ )y- 〜

霞ヶ関の話はよその方に振られましたが、そんなことでわくわくしていた自分は純情?それとも単なるお調子者か・・・
(//∇//)

【以下引用】
年金記録の第三者委、全国50カ所300人配置
 総務省は公的年金保険料の記録漏れ問題に対応し、証拠がない場合でも年金を支給できるかどうかを判定する第三者委員会を週内にも発足させる。30人以下のメンバーで構成する中央委員会が判定基準を作成。全国50の地方委員会には各10人以下の委員を配備し、地域事情に応じてあっせん案をまとめる。18日に会見した松田隆利総務事務次官は「社会保険庁長官がそのあっせんに従って記録の訂正という措置をとる」と語った。

 正式名称は「年金記録確認第三者委員会」。裁判官OBや検察官、弁護士、社会保険労務士、企業の厚生年金担当者らで組織する。地方委員会は全国に50カ所設置。地域によっては3―5人の配備で済むため、合計メンバーは300人強になる見通しだ。19日に政令案を閣議決定する。

 中央委員会の主な役割は支給を決める判定基準づくりだ。銀行通帳や雇用主の証言を判断材料にすることが想定されるが、家計簿や同僚の証言まで認めるかどうかという線引きを議論する。その際には社会保険事務所からの情報収集が不可欠となる。



人気ブログランキングに参加しています
下のボタンをカチッとしてください

ranking
あなたのクリックで上昇させてくださ〜い∠(^ε^)
カチッとおねがいo(^o^o)(o^o^)o

最近、家の玄関先でハトの鳴き声が聴こえる。
気になって出てみると、確かにいる
しかも、上を見上げると右にも左にも1羽ずつ。
平気な顔をして通路を歩いていたり、階段を下りていたりする。
(そういえば表情はわからないか・・)

この前の日曜日に玄関を出ると、小枝をくわえて歩いていました。
僕の顔を見たとたんに慌てて逃げていきましたが、気になってとなりの玄関を見てみると、同じような小枝が7、8本置いてあった。

なんだろう?巣でも作る気なんだろうか?


以前に、知り合いの家のベランダに虫だったか何かが死んでいて、「誰か片付けてよ」と話しをしていたらカラスがやってきてそれをくわえて行ってくれたそうです

何日かすると、ベランダにはザリガニが置いてあったとか。
ザリガニが一人で歩いてくるわけがないので、これはカラスの恩返しだったんだろうということに


もしかすると、今回のハトもとなりの人への恩返しのつもりなのかどうか、ハトに確かめる術もないのでわかりませんが、昨日は小枝もありませんでした

でも、エレベーター前にう○ちをするのはやめてほしい・・・


人気ブログランキングに参加しています
下のボタンをクリックしてください

ranking
上昇させてくださ〜い(苦笑)カチッとおねがいφ(. . )

先日、就業規則の見直しの仕事をいただきました。
久しぶりに外資系のお客さんで、いろいろ上層部の方の話を聞いて勉強になりました

契約書の話しでも、本国(イギリス)の契約書は、就業規則が盛り込まれているのか?と思うほど事細かく書かれていて、どうして日本のはそんなに簡単なんだ?と言われるんだそうです。
必要な事が書かれているとは思うんですけどね

あとは解雇問題。
夜中にメールがきて、そこでおしまいになるケースがあるらしく、担当の方は辻褄あわせで大変だとか
こっちの法律も知っててよ、という感じ


さて、本題の就業規則を見せていただいたら05年に改正してる。
こまめに改正するのかと思ったら、これを作ったのはコンサル屋さんで、一度ちゃんと見直そうというのが主旨。
はい、それは正解です
(なんて偉そうに・・)

中身的に変更箇所をチェックしていったら、「ドレスコード」という規定にあたりました。
はじめて目にするもの
はて、何でしょうと開いてみると、服装についての規定でした。
「清潔かつ上品で、機能的な服装」
「男性はネクタイを着用すること、女性はデニムや迷彩服、スポーツウェアなどはダメ」
「エプロン、サンダルで接遇してはいけない」などが規定されています。

今やクールビズだし、変えてしまおうかな


そういう今日の自分は「Tシャツ社労士」でした
(おっ!なんか太陽にほえろ!みたい)
お昼に、お肉屋さんのコロッケがどうしても僕を呼んでいたので、つい・・
一緒についていたソースを開けたとたん・・・・

返り血をあびたように(実際には経験はありません)ソースが襲い掛かってきたのです
あわててティシュで処理するも、間に合わないくらい

仕方がないので、ちゃぷちゃぷとワイシャツを洗いました。
なので、午後はTシャツ社労士だったのです
当のワイシャツは、心地いい風にゆられていました

でも、こんなときに限って事務所にはお客さんがくるんだよなあ・・・


人気ブログランキングに参加しています
下のボタンをクリックしてください

ranking
上昇させてくださ〜い(苦笑)カチッとおねがいφ(. . )

金曜日の夕方から始まった「年金あんしんダイヤル」
電話は 0120-657830(フリーダイヤル)

昨日、一昨日から社労士も加わっての応対になったのですが、初日に行った方の情報が入ってきたので、今後行く方の参考になればと思いまして。
あ、ただ、関東圏内の方しか参考にならないかな・・


まず、東京都の公立の施設なので、エアコンがない
え〜、この時期に扇風機のみ
窓際の人なんて、膝から下はびっしょりだったとか
寒いと思ってひざ掛けまで準備していったら、なんの役にも立たなかったそうです。


次に電話。
集まってきた社労士さんは、都内だけじゃなく関東近郊から来ていて、やっぱり年金に詳しいっぽい人が多いみたいで、いわゆる高齢の人が多い。
なので、電話の使い方もよくわからないので、声も大きくなって聞き取りにくい状況

ヘッドセットを使えるのは一部の場所だけらしく、あとはふつーの電話機
受話器を片手に記録しなければならない


もっとも大きな問題は、言葉の壁とか

全国からかかってくるので、あらゆる方言が絡んでくるらしい
 担当「お名前は?」
 先方「○○けいすけ」
 担当「どういう字をかきますか?」
 先方「さんずいに青」

 担当「えっ・・・清さんですか」
 先方「そうだよ!」

とこんな具合に聞き取れないんだそうです

関西弁で「おまえ、オレのことアホやと思うてるんか」とまくし立てられたり

中には上席を出せとか、なんで端末もないところで対応してるんだ、という批判の声も多かったみたいで、年金の知識とかじゃなくて、どれだけ相手の気をまぎらしながら対応できるかのテクが必要だったみたいです。

全部が全部、そんな批判的な電話じゃないようですが、けっこうストレスになるかも・・・

そういえば、近くのコンビニには弁当も少ない、お茶の1本もでない、エアコンない・・・
吉幾三に歌ってもらえるかも


人気ブログランキングに参加しています
下のボタンをクリックしてください

ranking
上昇させてくださ〜い(苦笑)カチッとおねがいφ(. . )

0aa1dadf.jpg先日、お昼を食べに出たとき、マックが意外に空いていたので入りました
いつも、ハンバーガーひとつでは足りないので、ついもう一つ買ってしまう。
店員さんおお薦めは「メガテリヤキ」
おー、そういえばメガマックというのもあったけど食べなかったし、ここはひとつ食べてみようと軽い気持ちでオーダー!
で、いつもの癖でもう一つハンバーガーもプラス。

食べ始めてからビックリ
よく見てみたら、パンが3枚にハンバーガーが2枚。
しかも、テリヤキソースだからボリューム満点

それ一個でも十分なくらいなのに、せっかく買ったんだからと二個よくばってしまったので、昼過ぎの仕事に効きました( -д-)ノ
メガテリヤキ、恐るべしです


そんなメタボなランチの夜に正副支部長会があって、なんとなくその中に入って飲みに行ったのですが、そこで話題になったのが五穀米を食べてるとか、うちは十穀米だという話。
というより、奥様方が気にしてるんでしょうね。

「だけど、そんなご飯を食べてもうまくないし、それで寿命が10年延びたってあんまり変わんねーな」というのはボス談。
「俺は、子供の頃白い米が食べられなかったから、今食べられるシロメシが食いたいんだ」とはもう少し年上の先生談。

本人たちはいたって気にしていない
でも、どんなものだろうと見てみたら、五穀に限らず二十穀米なんてのもあってまたまたビックリ!

僕は食べたことありませんが、健康ブームでもありますし、食事にも気をつけませんとね


人気ブログランキングに参加しています
下のボタンをクリックしてください

ranking
上昇させてくださ〜い(苦笑)カチッとおねがいφ(. . )

もううんざりという感じの年金問題
でも、否が応でもボスの電話の内容が耳に入ってくる

「明日からの電話相談に出られるか?」
朝から連呼していました。

昨日のニュースを見ていると、第三者委員会に東京会の会長の姿が。
よっしゃ、よっしゃでまた要らぬものを引き受けてこなきゃいいなあ、と見ていました。

すると、社保庁職員OBがモザイク顔で登場
「昔は、職員の意識もいい加減だったから、いちいち確認もしないで年金番号を乱発していったんですよ。
上司もわかってるはずなのに注意しない。
いずれこんなことになるのは目に見えていましたね」
なーんて、言い切っちゃてる
そりゃあないでしょ

こっちは、この前繰上げ請求を出した人から電話があって、「年金額が変わってないよ、確認してもらえる?」
ホントは、こういう切羽詰った人の相談を優先に受けなきゃなんないのに、それすら電話をするのも躊躇ってしまう
手続きのズレだと思うので、もう少し待ってもらうように話しましたけど、ちゃんと優先順位をつけてやるべきでしたね


もうひとつそりゃないでしょう、っておはなしが・・・

大きい声じゃ言えないんですが、小さい声でも聞こえないから少しだけ書いちゃいますけど・・・
電話相談コーナーの謝金(いわゆる日当ね)これが、だいたい一日1万円くらいらしいんだけど、連合会が主催しているのは3万円だとか!

それより何より、社保の窓口に出向いてあーだこーだモンクを言われながら手伝っているのは、ホントは社保からの要請じゃないらしいです。
だから、時給1550円
こっちが頼んでいる、ってそんなバカな

みんな、呆れ顔になっているでしょうけど、今いきいきしてるのはうちの年金博士だろうなあ
さっきも電話があって、「いやあ、けっこう来てるよ」なんて張り切った声で話していました
さすが、水を得た魚とはこういうことか


人気ブログランキングに参加しています
下のボタンをクリックしてください

ranking
上昇させてくださ〜い(苦笑)カチッとおねがいφ(. . )

昨日、正副支部長会が開かれていたと書きました

そのあとに話題にあがったのが、これは単なる社会現象ではなく、社労士としての立場を、社労士としての職域を広げるいいタイミングだという話し

国税庁や税務署に対して大きな圧力がかかったとしたとき、税理士にも負担がかかるとしたら、税理士は何もしないだろうか。
そんな対岸の火事を社労士としてどう受け止め、単に傍観できるだろうか。
だったら、自分の得手不得手もあるかもしれないけど、ちゃんと手をあげてアピールして、自分たちの職域を広げることが最重要課題なんじゃないか。

などと熱い意見が出ていました
一般の社労士の意見も聞かずに事を進めていることに腹立たしさを感じながらも、この世界で飯を食っているんだから多少の苦汁も仕方ないのかと思ったりして・・

先日の連合会の会長の声明をうけて、内閣も変わりましたね。

「税理士ら」、となっていたのが、「税理士、社労士ら」と変わっています。
(順番が入れ替わらないのは納得いかないけど
これも少しの進歩だと思って進まなきゃいけないでしょうね
書いているほど自分でも納得はしていませんが、そんな気持ちになってきました。

しかし、渋谷支部でも毎日14人の社労士を出すんだそうです。
そんなことを言っていたら、東京会からこんなのが届きました・・・

【この度、政府(首相府)から、全国社会保険労務士会連合会を通じて、1,000人規模の年金に係る電話相談を実施する旨の緊急の依頼がありました。
東京都社会保険労務士会としては、年金問題に関する国民の不安感を払拭する観点から、全面的に協力し、国民の負託に答えてまいる所存であります。
つきましては、開業会員のみに関わらず、勤務等会員である皆様の協力をいただき、下記のとおり対応することといたしますので、是非ご協力頂きますようお願い申し上げます。
なお、年金指導員資格取得者、開業会員につきましては、郵送にて随時、案内を発送しております。】


何のツールもないまま社会保険事務所のいいなりで動くのもどうかと思うなあ
おっと、前向きに行かなくちゃ


人気ブログランキングに参加しています
下のボタンをクリックしてください

ranking
上昇させてくださ〜い(苦笑)カチッとおねがい!

今、事務所の中では正副の支部長会議が開かれています。
中身は、今をときめく年金の問題
結局、来月まで社労士派遣の要請があったのを受けて、その対策を練っているみたい。

月曜から渋谷の社保の窓口に立った方もきて、その体験談を話しているところ。
でも、ほとんどが年金の請求であったり期間の確認らしく、今騒がれているような問い合わせは少ないみたいです。

中には、20代か30代と思われる女性が期間の確認にきたとか・・・
(あなたはまだまだでしょう

でも、せっかく来たんだからといろいろモンクをたれていく人もいるみたいで、「あなた方末端の方にそんなこと言ってもしかたないけどね」といいつつ、ぐちぐちこねていたみたい


そんな、来月までの要請をしたかったのか、社保の所長からボス宛に電話があって、折り返しかけてみるけどつながらない
年金ダイヤルだけじゃなくて、社保の所長までもがつかまらない
業を煮やしたボスは、行ったほうが早いと出かけていきましたが、今日の電話のつながり具合はいかがだったんでしょうかね。


うちの年金博士が言うには、自分が関わった年金請求の中で、時効が撤廃されたらざっと試算しただけでも500万くらいはあるといいます。

中でも多いのは、末日喪失のケースだとか
保険料負担の問題で、末日の前日退社にしたケースが多く、1ヶ月間の空白があるのが多いとか。
当時の給与明細なんかは当然ないだろうけど、それがなくても期間をつなげますよ!となれば社保庁が試算しているよりもっと大きな金額になるだろうとのこと

安倍さん、あまり簡単に時効を取っ払っちゃうと大変なことになるかもしれませんよ



人気ブログランキングに参加しています
下のボタンをクリックしてください

ranking
上昇させてくださ〜い(苦笑)カチッとおねがい!

d5dc8607.jpg年金もそうですが、コムスンもゆれてますね。
気づけば、管轄はどっちも厚労省かあ・・・
風当たりが強くなる一方だ

今日の午前中に支部の集まりがあったときも、「ぜひ、積極的に年金問題に取り組んでください!」なんてあったけど、みんながみんな年金専門じゃないのに、どうするんでしょ?


そんなコムスンの譲渡先の一つに「ワタミ」の名前があがっています。
ワタミの渡邉社長は学生の頃から福祉に力を入れたいと行動していて、大きなイベントも開いた実績のある人。
決して、居酒屋の社長が介護を食い物にしているんじゃないんです

そんな渡邉社長の、学生時代からワタミを築きあげるまでを書いたのが、高杉良著「青年社長」
この本には、渡邉社長の熱い思いが書かれていて、ジーンとするシーンがいくつもあります。
落ち込んだときにこの本を読むと、力が出てくる、僕にとってはそんな一冊です
ホントにオススメです

そんなワタミが、介護施設の一括譲渡に意欲を示しているとか。
渡邉社長なら任せて問題ないでしょうが、人材も一緒に引き受けるとなるともう一度教育しなおさなきゃいけないでしょうからその方が大変そうです。

「人はお金だけで働くんじゃない」
そう断言する渡邉社長の手腕が問われるでしょうね


片や、コムスンの折口氏
ジュリアナ、ベルファーレと巨大ディスコ(え?今はくらぶ?)を成功させながら、なぜか追い出されてしまう運命の人。
せっかく築きあげても奪われてしまう
でも、その後は衰退・・・
介護が衰退するわけはないと思いますが、ここにも時代の異端児がいたんだと改めて発見


こんな人柄だと知っていたら、ここに就職していたかなあ・・
あ、いやいや「ワタミ」ですよ
そういえば、一部の人から「代々木ワタミの会」を作りましょうという話がありました
気楽に一杯がいいですね


人気ブログランキングに参加しています
下のボタンをクリックしてください

ranking
上昇させてくださ〜い(苦笑)カチッとおねがい!

相変わらず年金の話は絶えませんね・・
今日も、TBSと名乗る取材の電話がありましたが、マスコミも躍起になってる感じ

今週から社保でも相談コーナーがはじまるみたいで、渋谷の野球部の監督先生がまず始めに行くことになっています。
初日はどうだったんでしょう?


こんな僕のところにも、何件か知り合いから「心配なんだけどさ」と電話がかかってきました
「引越しを何回かしてるからどうなんだろう?」とか、「オレの名前の読み方って普通じゃないからデータが違ってんじゃないかな?」という電話。

たしかに名前の読み方や漢字の違いでデータが漏れてる可能性はあるみたいだけど、昔の人じゃなければそうそう該当しないと思っているのですが・・・自分だけかな?

大体がそういう人に限って、「年金手帳なんて最近みたこともないなあ」とか「オレのは青じゃないんだけど」と、そんな程度の関心だったりする。

一度時間をみて社保に行ってみたらどうですか、と話しましたけど、電話で話すことってそれくらいですもんね。
じゃあ僕が見てきましょうか!とも言えないし

こんなことになるんだったら、請求方式じゃなくて、年齢になったら自動的に出してあげる形式をとればよかったのに、とお役人も思っているのかなあ・・・

と、こんなことを今月の事務所ニュースのテーマにしようとしましたが、思うように起稿できないので断念です



人気ブログランキングに参加しています
下のボタンをクリックしてください

ranking
上昇させてくださ〜い(苦笑)カチッとおねがい!

昨日は、一日労働局の申告書受理コーナー
前の日は300を超えたという来場者
昨日は、締め切りに近いことと天気もよかったこともあり400を超えました

中には、40も50も一気に持ってくる社労士もいて、はっきり言って目○○判
「計算、OKですよね?」と確認だけしてはんこをおしてました

それにしても、局の受付は多かったです

お昼時間もままならない感じでしたが、局の入っている第3合同庁舎は、この3月にできたばかりの建物
レストランフロアもきれいだし、安い

そこの料理を配膳している活きのいいお兄さん
V6の森田剛にそっくりでした
ご興味のある方は一度10階のレストランまで足をお運びください


さて、一夜明けて、今日は東京会の野球大会2日目
わが渋谷支部は3位決定戦でしたが・・・

優勝は、昨年に引き続き武蔵野支部
大学野球までやったことのあるピッチャーだとかで、サイドスローで投げてました
あんなの打てっこない

何年か前までは、渋谷の黄金時代があったのですが、今はなりをひそめてしまって・・・
僕の成績も何もいいものはありませんでしたが、セカンドに滑り込んだときのすり傷が膝に痛々しく残っています


人気ブログランキングに参加しています
下のボタンをクリックしてください

ranking
上昇させてくださ〜い(苦笑)カチッとおねがい!

野球好きな自分ですが、野球のネタではありません

ある雑誌を読んでいたら、ある企業のことが書いてありました。
いいことも悪いことも・・

ここ数年の間に、業績や企業イメージはよくなってきたかに思えたけど、社内体質というものはなかなか変わらないらしい

そんな社内で使われている隠語が紹介されていて、その一つが「三遊間ヒット」

野球でいえば、ちょうどいいところを抜いたヒットで、値千金なもの
だけど、そこの会社では、投げかけた事案がどこの部署も責任を持って取り扱わないこと言うんだそうです。
いわば、サードもショートも追うことをしない打球

そんなものが多くて、転職した人はがっくりきてしまう
いくらいいコミットを出しても、自分に関係がないとわかると避けるんだとか


あと、会議に外国人が入ると英語の会議になる。
会議は短めに!と推奨してるから30分で終わるんだけど、英語がわからない上司に説明をすることで、結局は2倍になっちゃうとか

企業体質をかえないといつまでたってもトヨタは抜けませんね、ゴーンさん


他にも、「なりどん」というのがあった
チャイムが鳴ったと同時に帰ることを指すんだそうです
「ごじピタ」というのも最近目にしましたが近い表現です。
昔もありましたね、「五時から男」
おまえら、五時から(一杯ひっかけてからの意味)仕事したほうが売上上がんじゃねーか…って


さて、年金問題について連合会からお達しがでていますね
でも、明日は一日労働局
明後日は、東京会の野球に行ってきます!

三遊間ヒットでも打ってくるか


人気ブログランキングに参加しています
下のボタンをクリックしてください

ranking
上昇させてくださ〜い(苦笑)カチッとおねがい!

先日お客さんと話をしていると、やはり人手不足は中小企業にとって問題だと言います。
お金をかけて求人広告を出しても、かかってくることの方が少ない。
採る側としてみれば、20代の元気のいいところを採りたいけど、IT業界にまことしやかに流れる30歳定年説をなかなか払拭できないみたいです

少しでも経験がある人や、専門学校で知識を入れてきた人を採用しても、勉強したこととやってることのギャップが埋められずリタイアしてしまう

なら、経験者じゃなくても新卒を鍛えて、と採用しても、モノになりかけてきた3ヶ月、6ヶ月後で辞めると言われるとがっかりしてしまうと言ってました


今回採用したひとは30代後半が二人
社会人教育といった部分を省けるのはいいのかもしれないけど、今までのカラーを生かさず殺さず仕事をすることもあるので、どっちにしても中小企業には厳しい問題

第2新卒でも、元気のある人がほしいというけど、第2新卒だからといって優遇されるわけでもないし、門戸が広がってるわけでもない。


「第2新卒」というカテゴリーができて、一度勤めてみて合わなければ辞めりゃいいや、と思っている若い人たち。
この考えは要注意です

採用側の人事担当者もわかっています
「上司とソリが合わなくって・・・」とか「自分がやりたい部署につけなかった」という理由では採用しないそうです。
会社も採用できるキャパは決まっているので、第2新卒だから多めに見てくれるわけではないし、企業が第2新卒の人を採りますよと言ってるわけではないから・・


一昔前は、20代で何回も転職している人は不利と言われた時代もあったみたいですが、それは今も同じことだと思います。
どれだけ新しい仕事に情熱をかたむけられるか
そんな人材が欲しいんです

なんか、熱いですかね・・・


人気ブログランキングに参加しています
下のボタンをクリックしてください

ranking
上昇させてくださ〜い(苦笑)カチッとおねがい!

ちょっとだけばらしちゃおっかな〜

今朝、監督署からボス宛に電話があって、今日の申告書の受理コーナーの先生がきていいないという。
留守であることをつげ、ちなみにどなたですか?と聞くと「T先生です」と。

笑いをこらえながら、「こっちで連絡をとります」といって、T先生の事務所に電話。

なんといてはいけないT先生が電話口に

「え”〜 来月の5日と勘違いしたよ

って、来月の5日まで申告書は受け付けていませんぜ、T先生


さて、あまり触れたくない年金問題
騒いでいるほど多くないような気もするけど、やっぱり自分がかわいいから気になっても仕方がないですね。

土曜日の朝日新聞には、一連の話題に触れた後、
「専門家である社会保険労務士に依頼する方法もある。相談は1万円程度から受け付ける」とコメントが

へえー、こんなこと調べるだけで1万円もらえるの?
と思ったけど、そーっと、あくまで年金はわかりませーんとシラを切りとおした方がいいと決め込んでます


そんな中で、ある年金に関する記事で気になったものが

「現在40歳以下の人でも、65歳になったときの年金額はそのときの平均賃金の5割は維持できますよ」という皮算用を厚労省がしましたという、あるいみバカゲタ話

経済が今のような好景気(ホントに好景気か)で、出生率も1.26をキープしたときの試算

現在65歳の人の賃金に対する年金の所得代替率が59.7%。
これが、僕の世代41年生まれが65歳になったときでも51.6%でキープできるというんです。
今、20歳の人でも大丈夫だとか・・

ホント〜〜〜???

でもこれが、出生率が1.06%に落ち込むと49.4%になる
更に、景気がダウンしたとしても、出生率が今を維持したとすれば48.1%

じゃあ、ぜーんぶダウンしたらどうなっちゃうの

いま、こんなきつねもたぬきもしないような皮算用しても何の意味もないですよね

長官の3億円天下り問題もあるし、この状況どうするの、長官殿



人気ブログランキングに参加しています
下のボタンをクリックしてください

ranking
上昇させてくださ〜い(苦笑)カチッとおねがい!

昨日は、早稲田に敗られましたね・・
っていっても、僕はKOボーイではありませんので、念のため

「教育学部1年、斎藤佑樹です!
先輩方のように笑いはとれません!
再び、早稲田の黄金時代を開きます!」

とまで言い切った斎藤投手
1年生ながらたいしたもんです

昨年の夏、「ハンカチ王子」なんて呼ばれる前に、こんな記事(8/17記事)を書きましたが、それから考えるとすばらしい身体能力です

早稲田というと僕はラグビーのイメージなので、斎藤投手の活躍は見ていて気持ちいいのですが、VS早稲田となると話がかわってきます
白の早稲田は許せますが、エンジの早稲田は宿敵ですからね


ホントは書こうとしていたことがあって、帰り道脱稿していたのに・・・
データが残っていませんでした

また明日、再チャレンジします


人気ブログランキングに参加しています
下のボタンをクリックしてください

ranking
上昇させてくださ〜いカチッとおねがい!

6月になるといつも思い出すのが、ドラえもんの「ぐうたら記念日」という話し

のび太くんがカレンダーを見つめながらため息をつく
ドラえもんがどうしたのか聞くと、
「6月には日曜日以外の休みがないんだよ
夏休みも関係ないし」、と嘆くと
じゃあ、つくっちゃえばいいよ『ぐうたらきねんび〜』

と言ってカレンダーにシールをペタッ
すると一気に休みになってしまう

休みになってルンルンののび太くんは公園に行ってみるけどジャイアンもスネ夫もいない
静ちゃんの家にいっても
「のび太さん、今日はなんにもしちゃいけないのよ〜」とけだるそうな雰囲気

お腹がすいたのび太くんは、家に帰ってお母さんに食べるものをねだると、今日は何も作らないから勝手に食べなさいと言われてしまう

食べ物を探してもラーメンすら出てこないので買い物に出てみるけど、当然お店もお休み

お腹がすいていらいらしているところに、魚をくわえた猫に遭遇
乱闘するが勝てっこない

の「あー、こんな休みはもうイヤだよー
ド「じゃあ、剥がしちゃえば」

 べりっ

一気に世間は通常モードにかわり、テレビではアナウンサーが、「どうして今日が休みだと思ってしまったんでしょう」、と慌ててる

何十年も前の話だけど、6月ってそんな月なんだなあといつも思い出すお話でした


人気ブログランキングに参加しています
下のボタンをクリックしてください

ranking
上昇させてくださ〜いカチッとおねがい!

昨日、ある会社の方とお会いしました。
その方の会社は、創業40年近くになる歴史のある会社だそうですが、社員の年齢の比率は20代が一番多いといいます。

でも、ちゃんと高年齢雇用もしっかりっしていて、定年後の再雇用やそのあとの雇用もしっかりやっている
中には、70を越えた熟練工や70に近い女性労働者もいるとのこと

それでも、若い人が多い会社ということは何か秘訣があるんでしょうね

その会社では、ある部署に就いたらその人の裁量で仕事を任せているようで、自分自身の責任感をもちながら仕事が出来る。
他から転職してきた人も、前の会社とは違う感覚で仕事ができるのでいい、と言ってるんだそうです。
それが、若い人にはやる気につながっているんだと思います

先日、営業部長と20代前半のリーダーが電話でかなりの口論を繰り広げたとか
でも次の日には、その方がちゃんと若いリーダーをケアしてあげる
「切れるくらいの方が、内に秘めるよりよっぽどいいんですよ
そのエネルギーが次の仕事への活力になるから」

活気がある会社っていうのは、歴史や年功なんて関係なくうまくいくんでしょうね
この1年間で離職者はゼロ

そうそう、フットサルのチームもあるんだって

なんだかうらやましくなりました
そんな会社を引っ張っているのが、明日の講師の先生です
経営者でありながら社会保険労務士
二足のわらじも履き方しだいですね!



人気ブログランキングに参加しています
下のボタンをクリックしてください

ranking
上昇させてくださ〜いカチッとおねがい!

このページのトップヘ