日日是々【よくばり社労士日記】

代々木の社労士福島紀夫です。労働、雇用問題をメインにアドバイスさせていただいています。
このブログは,自分の趣味の音楽や野球など,仕事以外のお話もあるので,『よくばり日記』としています。
人生一度きりなら欲張っていきていかないと(^-^)/

2010年10月

みなさまに支えていただいているおかげで、この社労士業界に入って丸10年が経過しました
ぱちぱちぱちぱち(←一人で拍手)

10年と言えば、おぎゃあと生まれた子供も小学校4年生。
こんな僕ですが、おぎゃあと産声をあげてから10歳になったということです

前職は医薬品の営業マン。
12年間従事していましたが、思い立って退職。
何度か書いていますが、その頃からお世話になっているDrに
「福島くん、何かをやろうと思うなら35歳だよ
と、何度も聞かされていたことが出発でした。

毎日、毎日、お客さんとの付き合いは楽しかったんです。
コミュニケーションやいろんなことを、日々学ばせていただいておりましたから。
でも、何かが足りなくなっていたんです。

このまま40、50になってまで数字を上げ続けるために頭を下げ続け、お客さんのいいなりになって過ごしていくのは、はたして自分の生き方なのか、という自問自答をするようになってしまったのです。
もちろん、頭を下げることは商売をやっていく上では必要なことなので間違ってはいません。
でも、こと医療業界となると、ちょっと話が違っていたんです。

まあ、泥臭い営業というのでしょうか、数字をあげるためには何でもやった20代から、少しずつ自我が芽生えた30代前半というのでしょう。
そういえば、聞こえがいいのかもしれませんが、そこから逃げてしまいたいこともあったので、本当はそっちの理由の方が強いのかもしれません。

また、同期入社の岸部くんが、独立を目指して退職していったのも刺激になりました。
退職して何をするんだ?何ができるんだ?いったい何を考えているんだ?
そんな思いだったのが、いつの間にか後を追って、辞める決意をしていたのです

退職を決めたのは、辞めた年の前の年。
正月明けでした。
でも、もう一年考えてみればという助言のもと1年がんばってみましたが、次の年の正月明け、同じ時期に決意をしたのでした。

35までの挑戦。
もちろんDrも応援してくださいました。
「独立したら、1番最初の客になるからな
その言葉を胸に退職しました。

今の事務所に入ったときは、試験には受かっていません。
次の年に受けた試験は、国年が1点足りずにまた留年
あの時はけっこう辛かったですね〜

仕事を始めてからは1,2号業務をずっとやってきました。
いわゆる3号業務を始めたのはここ数年のこと。
これも、にわか的な面は否めないので、まだまだ勉強不足だなあと感じているところです。

いつだったか、筆跡鑑定をしていただいたところ、
「もっと自己評価を高めていいですよ」
などと言われたり、絶好調社長の吉田さんに出会ったり、多くの方との出会いが僕をバックアップしてくれました。

まだまだ10年。
これからの10年はどんな10年になりますかね。
10年後は54歳
え〜、僕も54歳になるのか、と今感じました
いやいや、まだ働き盛りの40半ばですので、まだまだ絶好調に進んでまいります。

なんだか今日は長くなってしまいましたが、今後ともよろしくお願いします

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました

では、今日も最幸な一日を

社会保険労務士法人 相事務所
main



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

昨日は、「川越祭り」に初めて行ってきました
川越に行ったのはこれが二度目。
前回は、支部の研修旅行で訪れたのが3月。
その時に、お祭りのことを聞いての参戦。

地元の知り合いにアテンドしていただいての参加で、わくわくしながら行ってきました

川越の駅をおりると、予想していた街並みとは違う景観。
「小江戸」とよばれる風景を予想していたのに、大きな街並みにちょっと驚き。

さすがに人は多いなあ、という印象を持ちながらショッピングモールを抜けると、一気にお祭りムードに変身。
子供たちのお囃子で、さらにわくわくしてきました

長く続く商店街の中に、所せましと繰り広げられる出店の数々。
そこで目にするものも、カラフルになったチョコバナナであったり、肉巻きおにぎりであったり、ケバブであったりと、種類が増えているのにも驚きます

昨日は天気がよかったこともあて、少し歩くと喉をうるおしたくなり、お祭りだし、違う土地だし的な、勝手なムードを作り上げ、片手にビール、もう片方にはきゅうりの一本づけをもって歩いておりました

しばらくすると、「小江戸」の雰囲気の街並みに変わっていきました。
すると、向こうからは山車が近づいてきます。
写真6

写真5

歴史的な重みのある山車で、そのてっぺんにはそれぞれの守り神としての人形が祀られています。
各町内会から、十数台の山車が出るようで、川越の歴史を感じるときでもありました。
写真4

僕は、連れていってくれた方のすすめもあって、山車を曳かせてもらえることに。
同じ参加するなら曳かなきゃ損ソン!みたいなノリでしたが、やるのと見るのとではやっぱり違いますね

みんなで力を合わせて山車を曳く。
交差点で他の山車と合う時には、お互いの山車をみんなで一気にもりあげる衆がいて、そこで競り合います。
もちろん、僕も下から騒がせていただいて、お祭りムードを体で感じ取ってきました
写真3

写真2

写真1

一回りするころには、かなりの人出もあって、その人気ぶりも感じさせてくれます。
きっと、今頃は最高潮に盛り上がっているんでしょうね

来年も参加しちゃいます


では、今日も最幸な一日を

社会保険労務士法人 相事務所
main



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

都内の某監督署において、衣料チェーン店を書類送検したとしています。

書類送検されたのは、都内でスーパーやファッション専門店を展開する企業。
けっこう名の通ったお店ですね。
そのお店と店長が送検されました。

理由は、労基法第37条違反。
時間外、休日、深夜の割増賃金違反とされています。

労基署の是正勧告後も一部だけを遡って支給するなどのずさんな対応だったための措置のようです。

金額は2000万強のところ、約300万しか払っていなかったとのこと。

しかし、このお店。
過去数年にわたり、何度も是正勧告を受けていながら、消極的な対応しか取っていなかったというのが最大の要因ですね。

是正勧告は、軽い対応で済まそうとするとこんなしっぺ返しがくるという一例です。

残業代未払い問題は、まだまだ続くのですね。
みなさんの企業でも注意したい、重点課題です。

では、今日も最幸な一日を

社会保険労務士法人 相事務所
main



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

東京地方も雨です。
本降りではないですが、せっかくの週末なのにもったいないですね

世間ではお子さんの運動会の方もいらっしゃったのに、これじゃあね
ちょっともったいない3連休なのでしょうか。

さて、今朝は朝からスタジオに入ってきました。

写真

今度新しいバンドのオーディションでもないですけど、声をかけていただいたところがあって、そのリハに入るためです。

毎日のように耳で聴いてはいるのですが、いかんせんそれはシミュレーションだけ。
体を動かしていない分、実際にやるとこんなはずじゃなかったみたいなことがよく起きるのです。

だからというわけではありませんが、リハビリもかねての自主練習でした

ドラムは、右利きであれば、右手でハイハット(注:左側にある、シンバルを2枚重ねたやつね!)それでリズムを刻み、左手でスネア(注:足の間にある小太鼓みたいなやつね!)を叩く。
右足は、バスドラ(注:足元にある大太鼓みたいなやつね!)を踏み、左足は、さっきのハイハットの上に置いて、リズムをとる、というのが基本パターンです。

でも、今回チャレンジする曲は、左手でハイハット刻み、右手で忙しくスネアやタム(注:目の前にある、大きさのちょっとずつ違った中太鼓みたいなやつね!)、シンバルを叩くという曲なんです。

自分のイメージの中では出来ていたんですが、やっぱり左でずっとリズムを刻むって難しいですね

とはいえ、元に戻すとなるとかっこ悪いので、これでいこうと思っています。

今回は、ほとんどが知らないメンバー。
決まれば、1月にはライブが出来そう!

決まると信じてリハに臨みたいですね

では、今日も最幸な一日を

社会保険労務士法人 相事務所
main



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

今月号の東京会の会報に、「社労士という略称は使うべからず」という趣旨の投稿があります。

どうでもいいと言えば、どうでもいいことなのですが・・・


社会保険労務士法が成立したのが昭和43年。
それまでの経緯が書いてあります。


昭和20年代、手続代行業と称し、悪徳業者が届出を代行していた
31年、その状況を打破しようとして、労務管理協会発足。
「労務管理士法」の法制化に動き出す
 
労働省は、「公認労務士法」を作成するが脚下される
社会党から、管理の文字を取るように圧力がかかり「労務士法」の法制化に進む

37年、社会保険士協会発足

労務管理士協会は「労務保険士法」に改称して、社会保険も取り込もうとする
しかし、社会保険士側から、保険とか何だ!使うなら社会保険として、頭につけろ!と強いクレーム

社会保険士協会と、労務管理士協会は喧々諤々の議論を繰り返し、労務管理士側は「名を捨て実を取る」といい、労務士が下になった

31年から数えること12年の歳月を経て「社会保険労務士」が誕生した


とまあ、こんなことが書かれています。

他の士業の名称が短いこともあるし、言いやすいこともあって「社労士」と口にしていますが、過去にはそんな経緯があったんですね。

でも、今となっては社保庁の解体もあって、あまり社会保険についてのコンサルという感じは薄れてきているような感があります。
「労務士」でもいいんじゃないかと思ったりもしますが、あえて7文字の長い名乗りが、今となってはいいのかもしれません。

現代にあわせるのか、過去の歴史を大事にするのか。

名前は一人歩きしちゃってますから、どっちでもいいといえばそれだけの話なのですが・・・


事務所ホームページも新しくなりました
 社会保険労務士法人 相事務所
main


では、今日も最幸な一日を

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

昨日は、秋の神奈川県大会の決勝戦を観てきました。
誘っていただいたのは、元高校球児のみなさん
戸塚の社労士小林こーじさん川崎の社労士鈴木さん川崎の司法書士児島さん
僕は球児ではありませんが、高校球児を子に持つということでのお誘いをいただき出かけて行ったのです。

昨年は、準決勝で初めて一二三くんを観たので、一年ぶりの保土ヶ谷球場でした。

横浜高校は、1年生左腕を出し、エースは温存しているかのよう。
片や東海大相模はエースを投入。

初回から横浜が2点をもぎ取りましたが、相模もだまってはいません。
夏の甲子園の意地もあって、8回までに点を重ね、2対2の同点のまま9回に進みます。

昨日の殊勲は、3番バッターの乙坂くん
しょっぱなからいい当たりを出すも、キャッチャーの守備妨害を取られるなど、ちょっと不満の残る場面もあったのです。

しかし、9回表1アウト満塁の場面で、さっきの守備妨害を取られた乙坂くんの打順。
さっきのうっ憤を吹き飛ばすような、走者一掃の2ベースヒット
なんども累上でガッツポーズを繰り返す姿は、夏の屈辱をはらしたような姿でした。

僕はどちらかというと、横浜高校の方が少し身近に感じている部分もあったし、父兄のみなさんの行儀のよい点も見習わなければいけないと感じているので、横浜高校が勝ってよかったと喜んでいます

とはいえ、来年の春の大会、夏の大会と、うちの愚息も乗り込んでいく組なので、そうも言ってられませんけどね

ということで、横浜高校、おめでとう

では、今日も最幸な一日を

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

現千葉ロッテマリーンズの井口選手の本です。
長男もセカンドをやらせてもらっているのもあって本人に買ったのですが、なんだか読みすすんでいないので先に読んでやりました

_SL500_AA300_

少年野球や草野球では、セカンド、ライトというと、そんなに激しい動きを求められない場所でもあります。
でも、プロ野球になるとそれは違う。
サード、ショートというのが花形であると思っていたのに、セカンドのポジションにコンバートされたあとは、その守備の魅力にとりつかれてしまったのだそうです。

なるほど、セカンドの守備はボールを取ったあと、その動きは、セカンドベースに向くには体を右にひねらないといけないし、ファーストに送るのであれば、左を向くことになる。
球の行方によって、いろいろと変化をしなければ追い付いていけないのです。

ショートからのコンバートの時はショックを隠せなかったけど、こんなに難しくて面白いポジションを極めたい。
大リーグに行って、日本に帰ってくる理由も、セカンドとしてのギャランティが確保できなかったことが要因の一つだというくらい、セカンドに魅了されたんだそうです。

もちろん、セカンドのことだけでなく、バッティングや、チームプレーのことも書いてあります。

なにより強く感じたことは、短所をいつまでも気にしているより、長所を思いっきりのばしていく方がよっぽどよいということ。
ビジネスの世界でも、短所からくるミスは全部防ぐことはできませんが、長所をのばすことでマイナス分も陰に隠れてしまうくらいに努力するってことが大切ってことですね。

野球に詳しくない方にも面白い視点からの一冊です

さて、明日は神奈川県秋の大会の決勝戦。
予想通り、横浜高校VS東海大相模のようです。
野球好き社労士、司法書士さんたちと観戦してきます。
天気も心配ですが、好ゲームに大期待です


では、明日も最幸な一日を

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

10月に入りました

カレンダーをめくると、今年の残りはあと3枚。
8月は棚卸しの月、などと思っていたら、9月もあっという間に過ぎてしまいました。
本格的に再スタートを切らなければなりません。

昨日、支部の研修に行った際に、二代目社労士さんと話をしていたのですが、
「それなりに忙しいは忙しい。
でも、一日やることがない日もあって、オヤジと一日話をしてた日もありましたよ
なんて話をしていました。

たしかに、8月、9月ってそんなに動きがない月でもあります。
10月に入ると、ぼちぼち年末調整の声も聞こえてきますし、新しいことをやるには絶好のチャンスです
(実際に、年末調整の手引きがダウンロードできるみたいですこちら↓
http://ow.ly/2MDP8

事務所ホームページも新しくなりましたし、また元気にまいりましょう
 社会保険労務士法人 相事務所
main


では、今日も最幸な一日を

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

このページのトップヘ