日日是々【よくばり社労士日記】

代々木の社労士福島紀夫です。労働、雇用問題をメインにアドバイスさせていただいています。
このブログは,自分の趣味の音楽や野球など,仕事以外のお話もあるので,『よくばり日記』としています。
人生一度きりなら欲張っていきていかないと(^-^)/

2012年05月

先週の土曜日に,ぶりきのおもちゃで有名な北原照久さんのバスツアーに参加してきました。

バスツアー?と思うかもしれませんが,ぶりきのおもちゃ博物館を見学して,その後神奈川の佐島にある白亜の豪邸におじゃまするというもの。
メディカツの水越浩幸さんの企画でおじゃましてきました。

はっきりいって,スゴイです。
80年ほど前に建てられたという白亜の豪邸は,推定8億円とか!?

あの加山雄三さんが,光進丸を横付けにして来られるというすごさ。

超一流に触れることで,少しでもそのエキスが充填されればいいなあと思っていましたが,かなりのものでした。

近くに住んでいながら,博物館も行ったことがなかったんですが,とてもわくわくするものばかり。
昔こんなのあったなあという代物ばかりでした。

本にサインをいただいてのツーショットです
IMG_0768


まずは,ブリキのおもちゃの大群。
1950年代のアメ車やバス。ありましたね〜
IMG_0763

IMG_0767


鉄人28号は,箱までついたもので100万円!
IMG_0784


機関車トーマス
IMG_0781


トイストーリーの胴体が伸びる犬,スリンキードッグのヒントとなった犬
IMG_0778


あげたら数え切れません。

そして,バスで北原さんの豪邸に移動。
移動中もサービス精神旺盛の北原さん!
IMG_0786


そして,豪邸に到着。
IMG_0798


わくわくが抑えきれません!

鮮やかな芝,そこに映える白亜の建物,目の前には遠浅の海が広がる。
IMG_0799


まさに絶景ですね!

いくら書いても書ききれないくらいのサービスにイチコロでした。
IMG_0810


最幸な一日になりました

久しぶりのエントリーになってしまいましたが,気持ちの整理がついてきたので書かせていただきます。


先日の日曜日,そう世間的には母の日です。
家内のおかあさん,義理の母が他界しました。
まだ71歳という若さでした。

昨年の2月,突然の告知。
肺がんのため,あと2週間と宣告を受けました・・・

藁にもすがるような気持ちで医師と対峙した家内は,かなりの落胆でした。

しかし,医師が発した言葉は「イレッサを使いましょう」とのことでした。

イレッサとは,肺がん治療では抜群の効果を示すようですが,抜群の副作用,それも死亡を意味するものが多く報告されていて,国と製薬会社との訴訟がいくつも起きているものです。
※イレッサ訴訟について

使い方を間違えば,一気に生命が傾いてしまうかもしれない現実でしたが,その薬にかけてみることにしました。


すると,義母はいつもの元気を取り戻していき,あっという間に退院し,普段の生活にまで戻っていました。

しかし,いつまでも長続きするわけではなく,昨年末に数値が落ちてきたことから本人に告知。
それでも,前向きに治療に向き合いがんばってきました。


きっと,体のあちこちが痛かったことでしょう。
つらくて,投げ出したくなることもあったでしょう。

でも,それをおくびにも出さず治療をしていましたが,残念ながら力尽きてしまいました・・・


うちは,母の日には僕と家内からそれぞれ花を贈っています。
結婚すると,こういうのって奥さん任せになりがちだと思うのですが,自分だって感謝の気持ちを伝えたいと思ったのがきっかけです。

なので,先日の母の日にも2つの花が届いていました。

だけど,その花も見ることなく逝ってしまったのです。


朝,病室のカーテンを開けて「明るくなってきたね」と言い残して去っていったそうです。

幸いにも,家内は病状を察知して泊り込んでいたので,際に立ち会うことができただけでも幸せなことだと思います。

肉親を亡くすことがこんなに大きなこと。
しかも,母親を亡くすということは,いなくなってからさらに偉大だったと気づかされること。

親孝行,したいときには親はなし

こうなる前に,自分の親にももっと感謝を伝えなければいけないと感じました。


お義母さん,今まで本当にありがとう。
よくがんばったね。
少しゆっくり休んでね。

このページのトップヘ