日日是々【よくばり社労士日記】

代々木の社労士福島紀夫です。労働、雇用問題をメインにアドバイスさせていただいています。
このブログは,自分の趣味の音楽や野球など,仕事以外のお話もあるので,『よくばり日記』としています。
人生一度きりなら欲張っていきていかないと(^-^)/

2013年02月

先週23日の土曜日で,全6回続いた開業セミナーが終了しました!

参加いただいたみなさまからは,講師陣が惜しみもなく情報や経験を話してくれて,そしてこんなに身近に接することができて,とても濃く,そして終わってみるとあっという間の6日間だったと言っていただきました。

同業向けにこのようなセミナーを開催して何の意味があるのか,指南するようなことをしてどうしようと言うのかというご意見も,かつてはありました。

しかし,開業を志す方にしてみれば右も左もわからないという状況で,いったい社労士は何をすればいいの?という疑問を解決するために我々は存在意義があると思って活動しています。

今年の最終日も参加者みなさんに決意表明をいただきましたが,参加する前は開業なんて…と思っていただけど,いろんな話を聞いていくうちに自分も負けないようになりたい気持ちが膨らんだ方も多くいました。

最終日の体験談の中でも,東京には素晴らしい社労士がいっぱいいる。せっかく知り合いになったのなら,それに憧れるだけじゃなくて,自分も負けないように取り組もうと思ったという話を聞いて,自分も同感だと改めて思いました。

刺激を受けるだけでなく,与えていかなければならないところも多いのですが,1人でも心に残るセミナーとなって,多くの成功する仲間が増えてもらうことがこのセミナーの主旨であると言えます。

参加されたみなさま,6日間有難うございました。
まだ第1ステージが終わったばかりです。
次のステップも恐れずに進んでいきましょう!

ということで,懇親会のショットです

まずはボスの挨拶から。
DSC01903

受講生のみなさんも講師もみんななごやかです!
DSC01937

真剣に講師の話に耳を傾ける場面も。
DSC01924

講師も質問攻めです(笑)
DSC01960

一人ひとりに決意表明をしていただき,それを見守るみなさん!
DSC01973

講師を代表して,長沢有紀さんのごいあさつ〜!
DSC02022

懇親会も佳境を迎えるといろんな人がでてきます(^_^;)
DSC02038

場所を移して2次会!
DSC02043

DSC02046

DSC02051

DSC02053

姫路から駆けつけてくれた後藤さんと講師の冨樫さん
DSC02054

あれ?後藤さんこっちでもいい雰囲気
DSC02061

おや?姫路から来た目的は???
DSC02090

3次会は半分壊れ気味でしょうか(笑)
DSC02077

今年もいいお仲間が集まってくださいました!
DSC019122

また来年もパワーアップして開催します

今日は「建国記念の日」です。

あえてタイトルの「の」を強調してみました。

日本人として恥ずかしながら今まで知らなかったのですが,「建国記念日」ではなく「建国記念の日」ということ。



以下,池間哲郎氏のフェイスブックより引用

https://www.facebook.com/tetsuro.ikema

建国記念日
今日は「建国記念日」あえて「建国記念の日」とは書かない。

なぜ、間に「の」を入れる様になったかは問わない。

あくまで私の中では「建国記念日」です。


自国の建国の歴史を殆どの国民が知らないのは日本だけです。どの国へ行っても人々は自分の国の歴史に誇りを持ち、高らかに祖国の素晴らしさを話す。

かつては日本国民も神武天皇が即位した日を「紀元節」として祝った。

戦後、GHQ(アメリカ)が日本の素晴らしい歴史や精神を破壊する為に紀元節、そのものを廃止にした。

日本国民の強い思いにより、1967年に紀元節から「建国記念の日」と変えられ適用された。

9回もの提出と廃案が繰り返されても当時の社会党等に廃案とされ、やっと「建国記念日」ではなく間に「の」を入れる「建国記念の日」と修正され制定された。私には全く訳が解らない。

いずれにしろ「建国をしのび、国を愛する心を養う」と明記された日、今日を祝う。



2月11日はもともと紀元節だったというのは周知の事実であったと思いますが,それがこんな紆余曲折があって「建国記念の日」となったことについて今さらながら知りました。



僕の名前は紀元節からきていると言われて育ちました。

建国記念の日が制定されたのは1967年。

僕の生まれた翌年です。

こんな歴史のある日をなぜもっと大切に思わなかったのかと反省しました。



弱体化している日本。

いつしかまた強力で,愛される国に戻ろうと強く感じた日でもありました。

今日という日に心から感謝します。

とうちゃん,かあちゃん,産んでくれて有難う!

ナマイキにも大学院なんぞにいかせていただいておりまして,やっと修士論文の提出,そして面接が終わったところでございます。

前から先輩たちに言われていたことではありましたが、今年の年末年始はないと思った方がいいよ、というアドバイス。

いやいや、そうは言っても御神酒も初詣も大切ですからとがんばった年末大晦日。
年が変わっても、少しずつ作業は続けていました。

だんだん自分でも書いていることがわからなくなってきたり、軸がブレてるんじゃないかと疑心暗鬼になったりもしましたが、なんとか先月10日の締切に提出をして、先週土曜日の面接、いわゆる口頭試問ってやつが終わり、なんとかここまで来たかあと独りごちているところです。

しかし、他のゼミの友達は合否の結果が出ていると話もあり、連絡がない自分はもしかして…_| ̄|○
なーんてことは無いと信じながらも連絡を待っているところです(^_^;)

憧れだけで入った大学院は予想以上にキツかったです。
あかでみっくというやつは,こんなにも苦かったのかとか…

学部生時代に満足に勉強もしてないヤツが大学院なんてものを目指してみようとしたんですから、僕の昔を知っている人は失笑したことでしょう。

でも、行って見なければわからないこともあるし、やってやれないことはないと思い込むと止まらない性格が体を動かしていました。

2年間は事務所のメンバーや家族にもいろいろと迷惑をかけました。
これからはしっかりと恩返しをして、社会にも還元していきます。

ホントに感謝です。

とは言え,まずは修論の結果待ちなんですけどね(笑)

IMG_2184

このページのトップヘ