先日の記事(★食べるものに注意しないと自分の体は守れない)のあと,しばらくして朝刊に目をやると,ある本の紹介がありました。

「空腹が人を健康にする」
サブタイトルに,「一日一食で20歳若返る!」とあります。

_AA300_

今の僕は太りすぎているということもありませんが,理想とする体重からは3キロ増といったところ。
別に体重のことだけじゃなくて,内臓に負担はかけているんだろうなあとは思っていたところでした。
特に,肝臓くんには・・・

後で聞くと,テレビとかでも紹介されている先生のようですね。
一気に読み終えて,まずは実践!

と思って,昼ごはんを抜いてみようと思った瞬間に現れたのが「大勝軒」
いやいや,ここはガマン!と思ってお客さまとの打ち合わせに

しかし,「福島さん,時間あるならごはん食べましょう」と誘われ,断る理由もなくそのままなりゆきに任せていただいたのがこちら↓

IMG_0454

真ん中の炙りトロが抜群!
おいしかった〜
ぜんぜん,食事抜きになってないじゃ〜ん,と言われそうです


で,気を取り直して本題に戻ると,食べ過ぎをなくすことで内臓脂肪が燃焼されて,お肌も若返るというものです。


一番印象に残ったのが,糖尿病の話について。
僕も,以前は医薬品の営業をしていましたので,その当時から糖尿病が一番怖いと聞かされていました。
そう,サイレントキラーなのです

要約すると,体は正直で,一定以上の食物が入ってくると,血糖値があがらないようにインスリンを膵臓が送り出します。
毎回毎回一生懸命インスリンを出すのですが,それが度重なると,この人はもうダメだからインスリンは抑えて,食べ物を探せないようにしよう,ということで失明のリスクが高くなります。

それでもダメな場合は,食べ物を取りに行く手足を使えなくしようと「壊疽」をおこし,手足を奪ってしまいます。

それでもダメだと判断されると・・・

ということで,一日一食とまではいっていませんが,ちょっと気になる方は読んだ方がいいんじゃないでしょうかというおススメです